テーマ:

看護される側から看護する側へ

随分のご無沙汰です。ご心配をかけて申し訳ないです。 今日はクリスマスですね。こんな聖なる日に暗い話で申し訳ないです。久しぶりに時間が出来たのであれからのご報告をさせていただきます。 9月27日から旦那が入院しましたと前の記事で書きました。 高血圧で前記の通り最高266まで行きました。救急では「血圧は急に下げるとそれはそ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カウンセリング ー 鬱の出口

ご無沙汰です。ちゃんと鬱だった時の話を書かないとと思いつつ・・・日常生活が忙しくなってつい、更新が滞っていました。私は元気です! そして・・・カウンセリング さて四十九日の後の話です。 日本に居たたった4日の間にも、喧嘩・・・っていうか私が1人で怒っていました。 だってさ、日本に行く前に少し旦那との関係が良くなったと…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

回復期 ー 感傷、絆、人と話す事 (温泉も行ったよー)

さてその後も鬱で暗い毎日だったんだけど、4月3日にイギリスを発ちました。(4日着ね。)日本には4泊。今回は銀行の手続きと四十九日&百日の法要が今回の目的です。 ビックリしたのは姉の方から「母ちゃんの時にはその後に京都に行って桜を見てうんと癒されたんだ。アンタもなかなかこんな時期に日本にはもう来れないでしょう?ねえ、京都に行こうよ!…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

負のサイクル ー 鬱の原因

さて、前回の桃色苦労婆婆Zの会での私の愚痴の内容です。っていうか、今、自分の精神が回復して来て初めて『一体何が原因だったのか?』ということを整理出来る様になりました。 この頃、実は私は随分気持ちが落ち込んでいたのよね。実は旦那にもの凄く怒っていたのよ。とても大きなウソをつかれていました。5年間も。 いや、旦那にしてみれば大し…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

鬱の入り口 ー 葬儀など

ご無沙汰しております。なんだか色々な事があったし、負のサイクルに捕われて実はかなり鬱気味でした。 これって絶対に父の死なんかも関係あると思うんだけどどうしても立ち上がれなくて、かなり心が弱っているんだなと思いました。 今までの数ヶ月のことを書くには長過ぎるので、取りあえず何回かに分けて書いていきますね。 2月20日にイ…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more