これから再建手術を受ける方の参考になると良いな。

随分長い事迷っていました。

私がブログを始めた理由は・・・私も自分が治療するにあたって、多くのブロガーさんの記事を参考にさせてもらい、とっても役に立ったからなんです。

特に治療を項目別にしてくださって治療の様子とか薬の事とか,手術の事とかを書いてくださっているブログは、とっても勉強になりました。もちろん心情的な面でもそうですが。。。。

なので,私の治療の記録がどなたかの参考になればと思いブログをはじめました。

しかし今回、何を長い間迷っていたかと言うと、再建した状態の写真を載せるか?載せないか?という事でした。写真は記録として撮っていました。もしかしてどなたかの参考になるかもしれないと言う思いもありました。でも載せることに抵抗もあったからです。
一つは、これをみてグロい、生々しいと思う方がいるだろうと思った事。
もう一つは、一応おっぱいの部分な訳で,これをみていやらしい、猥褻と思う人もいるかもしれないという心配です。(いや、グロいからこれをみて喜ぶ人はいないとは思うんだけどさあ。。。)

反面、これから再建手術をされる方に取っては,写真の症例が見れるという事は(勿論失敗例ではありますが,血管さえ繋がれば,この状態でそのまま治癒する筈でした。)これからの参考になるのではという思いも強かったんです。日本では再建の為の講習会もあり,実例を見せてもらったり(触らさせてもらったり??)できるそうですが,私にはそう言う機会はありませんでした。唯一の機会はM先生の患者さんの症例の写真だけでした。

私も手術前に「もっと症例が探せないか?」と思ったこともありました。

載せるべきか,載せないべきか。。。。

悶々としている所,ユメちゃんがメッセージをくれました。
「再建のことは、blogにのせてくれて助かっている人もいると思うよ!勇気ある!!」って。

ユメちゃん、ありがとう!私が勇気をもらったよ!

という訳で、再建手術の後の状態(再全摘の前の状態)とお腹の傷を今日は載せます。

経緯も再度載せます。

8/29の朝8:00に再建手術を受けました。8時間半の手術でした。95%は成功すると言われているDIEP-flap方式です。

しかし,残念ながら結果は5%の失敗例に入ってしまいました。理由は誰にも分かりません。先生も血管の状態も大丈夫だった、しかし2つの血管がきちんと繋がらず60%の組織が壊死しそうになっていた。

後でyannchanから教えてもらったサイトからリンクを辿って行くと,こんな記事がありました。

http://www.v-next.jp/contents_11.htm

<欠点>
・広背筋に比較すると、血流が不安定で壊死が起こりやすい
・お腹に大きな傷が残る
・出産の可能性のある人や出産を希望する人には適用できない
・お腹に盲腸や帝王切開などの傷跡がある場合は、壊死(えし)が起こりやすい
・腹筋力が低下する場合がある

そうなんだよね。。。私は2回とも帝王だったんだよね。先生は丁寧に傷が残らない様に,帝王の部分に合わせて切ってくれたようです。が、術後に確かに『帝王の傷が深かったけど,それに関して医師に何か言われた事はない?』と聞かれました。

しかし,かといって帝王切開をしたから失敗をしたと決まった訳ではありませんので、どうか誤解のない様に。この手術、95%の方は成功するんです。私の様に失敗するのはたったの5%なので、その点は誤解の無い様に。

入院中の経過は・・・

初日は経過は良い状態でした。が、2日目(8/30)の午前中、少しばかりHaematoma(血腫=単なる血塊であって,腫瘍ではない)があるので午後になっても引かなかったら再手術をすると言われ、2日目の夜8:30から再手術。

再手術では40%は大丈夫,しかし60%は血管に血が巡っておらず壊死する方向に行っていた。暖めたり,他の手段をとったけど状態は良くならず、再々手術をしても再生出来そうになかったのでやむなく全摘となりました。

今回,プライベートでお金を支払ったけど、失敗してもお金は戻ってきません(当然かあ)もう一度するとしても別料金を支払う事になります。

しかし,イギリスではNHS制度があるので、そちらに切り替えることも可能ではある,というのが現状。

失敗したからもう2度と出来ないという訳ではありません。勿論、お腹の組織はもうこれ以上は使えないので,次回は背中の組織を使うそうですが。

以上が現在の経過です。

失敗した私の例をみて怖くなってしまう方もいるかもしれません。でも、手術は,どんな手術でもリスクは必ずあるのです。そして,先にも書きましたが、失敗はたったの5%。殆どの方は成功しているのですから。

私も時間が経ったら別の方法で再建をすると思います。今は治癒すること,パンダのことを優先に生活するつもりですが。。。

こんな画像、何の参考にもならないと思われるかもしれませんが、、、下の方に載せておきます。
これから再建手術を受ける方の参考になると良いな。。。。。。

勇気をくれたユメちゃん。いつも情報を提供してくれて支えてくれるyannchan、ぴこるるさん、多くのブロ友さん。そしてブログを始めるきっかけを作ってくれたayayaさん・・・どうもありがとう!なんだかみんなにお礼を言いたい気分です。。

私にしてみれば,今日の記事は大きな決断でした。。。。清水の舞台から飛び降りる感じです。。。。

もう一度・・・下の方にグロ画を載せます。ダメな人は,絶対に見ないでね!!!

☆後日追記です。yannchanが再建手術に関してのリンクを紹介してくれました。
http://www.jfcr.or.jp/hospital/department/clinic/general/plastic_surgery/breast/003.html
ご参考になさってください!!

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






























































































取りあえずはルーシーと入院中に作ったビーズ(フェイント!)
画像



この後はダメな人は見ないでね!



































































































画像


再建手術後の状態。

お腹の肉とは思えない。何となくちゃんとおっぱいの形になっているのが凄くない?実は寝たきりで自分はきちんと見れませんでした。触っておけば良かったぁ~~。

そして

画像


これはお腹の傷。帝王切開の傷よりも全然大きい(長い?)結構長く切っています。おへそも新しく作ってくれたと書きましたが、意外におへそらしくってビックリしています(笑)

そして、写真にある管はドレーンパイプではありません。これは痛み止めなんだそうです。大きなバルーン状になっている袋に痛み止めが入っていて,2、3日かけて少しずつ痛み止めが入って行くそうです。2日目にはバルーンが小さくなった状態で

画像


この頃にはこの管は抜く事が出来ました。なのでドレーン3本と,こちらの痛み止めの計4本をブラブラさせていました。

画像


こちらはドレーンパイプ。全摘の時のと違ってボトルでした。(全摘の時はビニールパック状の物だった。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yannchan
2012年09月17日 01:57
忙しい中ブログの更新乙!!
乳房再建ブログは治療ブログに比べると数が
少ないような気がします。
しかも、うまくいかなかった例を掲載している方は
ほとんどいらっしゃらないと思うので
うめちゅうさんの記事
非常に貴重なものとなるでしょう。
勇気ある掲載、ありがとう。

紹介したサイトには
深下腹壁穿通枝皮弁法の記載がなかったかな。
がん研有明のサイトをご紹介します。
ご参考までに。

http://www.jfcr.or.jp/hospital/department/clinic/general/plastic_surgery/breast/003.html


私も、告知以後
相当あれこれ検索し、でも、医療者サイドの
もの以上に参考になったのが
実際治療を受けているブロガーさんの記事でした。

私の治療歴も誰かの参考になれば!
と思っていたけれど、
それは、誰かのためでなく、結局、
自分のようなものでも
こんな病気になってしまったけど
そのことが多少でも役に立つことがあれば
自分が救われるのだと知りました。
だから、そんな風に言ってもらえて
私が支えてもらったような気持ちです。

本当に今日の記事は、勇気ある大きな決断でしたね。
ありがとう。
団扇の mi
2012年09月17日 09:09
ニックネームに 団扇 をつけました(笑)。

私も、うめちゃん さんと同じ気持ちです。

手術前に、色々な方のブログを見せていただいたので、
私も恩返ししたい、と思い、術後2年になってから
書き始めました。
(まだまだ書き上げていませんが)


貴重な意見、記事をありがとうございました。

私は上記の yannchan さんの記載した病院で再建しました。
私も帝王切開を2回やっているので、その旨を先生に
「手術時間がかかって申し訳ない」と伝えました。

お腹の脂肪が真ん中で切れているので
通常はまっすぐ1本の血管をつなぐのですが、
血流が心配なため、1本増やしてYの字につなぐ、という話でした。

前にも書きましたが、今度は大丈夫ですから♪
今は体を伸ばすと辛いと思いますが、もうじき慣れてきます。

どうぞがんばってくださいね。
次の記事、楽しみにしています。


ちゃわ
2012年09月17日 14:18
うめちゅうさん、勇気ある決断、ホント素敵です。身体の方はどうですか?傷はまだ痛むかなっ?あまりムリなさらず、お大事になさってくださいね。

私は、最初、同時再建で話がすすんでいて(結局、病状がよろしくなくて摘出のみになったのですが・・)形成外科の診察も一通り受けました。

私も帝王切開で、3回切っているので、太ももの血管を移植してつなぎ合わせる、と言われたけど、やっぱりピンとこなくて。お腹の脂肪と筋肉を使うって言われても、なかなかイメージできないですよね。なので、うめちゅうさんのお話は、とっても参考になります。本当にありがとうございます。

私もいつか再建を考える日が、また来るかも。そのときのためにも、少しずつ勉強しなくちゃ。
れんこん
2012年09月17日 15:09
病気になってから、一番不安だったのは何かにつけて、《手術してみないとわからない》と言われたことです。
温存と言われていても、全摘かもしれない。切開場所は、ここになるかもしれないけど、こっちにするかもしれない、たくさん切除して窪んだらお腹の脂肪を入れるので、お腹も傷が出来るかもしれない。手術しても不具合があれば再手術になるかもしれない…。
…だからどうなるかが知りたくて、知りたくて検索しまくりました。でも、病院関係の古い記事ばかりで。
巡り巡ってたどり着いたのが、ブログでした。
特に参考になるのは、ご自身の患部の写真やイラスト説明を載せてくださっているブログです。
結果温存でしたが、終わっても全滴がどのようになるのかイメージはわかず、でもやっぱり知っておきたい…。
そして、うめちゅうさんの写真で勉強させていただきました。
ほんとに勇気ある決断であると思うし、経験者だからこそわかる気持ちをたくさん載せてくださっていることにいつも感謝しています。

歌、聴いてくだっさたんですね。いいって言ってもらえてよかったです(^O^)
ユメ
2012年09月18日 00:59
こんばんは~~
今日は、自分が出てきてびっくりしました~~
そ、そんな・・・って感じですが、ホントにそう思ったからさ。
日本では、乳房再建は今赤丸急上昇で一般人に浸透しつつあるのですが、オープンになっている症例が少ない。あっても成功例が多いのね(私が感じるに)。
それはそうよね、残念な結果の人は、やはり見せたくないと思うし、医者だって、そんなのばっかり出てしまっては営業にならないし。でも実際はいるはずなのよ。
どちらの症例も知った上で決めるっていうのがいいと思うのよね。うめちゅうさんは、本当に勇気ある行動をなさってくださって、これから再建する人の役に立っていると思います。それをご自分の使命と考え、信念に基づいて行動しているのよね。素敵だわ~~。カッコいい!惚れるわ!見習わせていただきます!!!
りりん
2012年09月19日 00:18
はじめまして。
今、再建手術をすすめられ悩んでいます。
長時間の手術ということ、(怖い)
再度家族や、周りの人達に助けてもらわなければならない事など、そこまでしてでも欲しいのか?等考えました。

うめちゅうさんのブログは、うまくいかなかった事も掲載されていて、私自身、よけいに怖くなるかと思っていたのですが、
私も頑張ろうかな。
もし、思うようにいかなくても後悔しないかも。
と、思えるようになりました。

まだ、家族を説得しなければなりませんが、
うめちゅうさんの勇気は、私の勇気にもなりそうです。
ありがとうございます。
これからも、おじゃまします。
うめちゅう
2012年09月20日 15:10
>yannちゃん

こちらこそどうもありがとう!いつもみんなのブログは病気や再建に関しての情報満載で勉強になるし、参考になるもの。今回もリンクをありがとうね!

失敗してしまったけど,これから再建を考える人に『こんな感じのプロセス』だと分かってくれるとありがたいな。

画像・・・がね。。。臆病ものだから・・・グロい、猥褻と言う非難が来たらどうしようかと思ったぁ
うめちゅう
2012年09月20日 15:35
>団扇のmiさん

団扇(笑),なるほど!です。
団扇の話はとっても助かったんですよ!どうもありがとう!
本当に経験者にしか分からないことってあるよね。確かに看護婦さんには「部屋を暑くする」とは言われていたけど、なにか扇ぐ物があった方がいいとまでは言ってくれないもの。頭は回らないよねえ。

『帝王の傷が深かったから苦労した』みたいなことを先生は仰っていたけど,帝王してくれた先生が・・・ザックリ切ったことも関係あるのかなあ?帝王のことは前もってM先生にも言ってあったし,普通はそれでも大丈夫なんだと思うよ。術前は先生は単に『帝王の傷が残らない様に工夫します』みたいなことを言っていたので、お腹に傷が残らない様にということしか頭に無かった様子。ってことは普通は帝王でも大丈夫って事なんだろうね。

ただ、確かに卵巣を取った時にスキャンで『膀胱にまで傷がある』って言われたなあ。。それって深いってことなんだろうねえ。。。。

でも普通はmiさんの様に成功するんだもの、これから受ける人は是非頑張って美乳を手に入れて欲しいな

お腹切るのは一番大変ね。。。まだ突っ張ったり痛かったり。まだ真っ直ぐ寝ていないよ~~。痛み止めのンで頑張ってますぅ
うめちゅう
2012年09月20日 17:27
>ちゃわさん

ちゃわさんも3回帝王だったのね!でもそう言えば日本は縦切りだっけ?こっちは横切りでした。そういうもの関係があるのかなあ?

でも受ける前に先生に相談して聞いてみてくださいね。

miさんは全然大丈夫だったみたいだから帝王自体は関係ないのかもしれないと思います。たまたまって事でしょうね。

太もも!いいかも~。スリムになりますねえ。

パンダがね,今回「お母さん、お腹細いじゃん。私みたい」って言ったのよ。)じゃあ今まではって思ったけどねえ思ったけどねえ

ちゃわさんも素敵な胸を手に入れてね!
うめちゅう
2012年09月20日 18:18
>れんこんさん

どうもありがとうございます。少しでもこのブログが誰かの役に立ってくれるといいなって思っています。

私もそうなの!やっぱりネットで調べても抗がん剤の事でも難しい医学用語の羅列で理解するのが私には難しかったんです。

一番初めは,母が使うかもしれなかった(結局使わなかったけど)アドレアシンについて調べ始めたのがきっかけだったんだけど,ブログの方が分かりやすく、しかも実際に受けた人が書いていたからとても勉強になりました。

自分が乳癌になってからも同じだったなあ。今も勉強させていただいているもの。

でもれんこんさんの言う通り、
《手術してみないとわからない》
とか「検査してみないと分からない」って言うことは沢山あるんだなって思いました。

私の場合、術前の検査結果と実際の病理結果は違っていました。グレード2って言われていたのに,実はグレード3だったとかね。

羊水検査の時も,全摘の時も,卵巣摘出の時も,今回も,きちんと手術前の承諾書にはリスクについて書かれている所があるんだものね。

実際にやってみないと分からない。それは本当なんだと思います。

でもね、昔は治らなかった不治の病が今はどんどん治療が開発されている。素晴らしいことだよね。

後は自分の選択で自分の体を運と天とお医者様に任せて今を充実して過ごす事が一番ですよね♪
うめちゅう
2012年09月20日 19:34
>ユメちゃん

どうもありがとうね!ユメちゃんのテキストでハッとしたよ!本当に背中を押してもらったっていうか。。。ユメちゃんもいつも人の為になることを探して頑張っているものね。私も見習わないとなって本当に思うよ♪

実際に失敗例もあるのも事実と実感したけどね,身を以て(笑)でも折角一つの方法で手術を体験したのだから、こういう方法なんだと言う参考にはなるかと思ったの。。

ユメちゃんもいつも前を向いて歩いている姿におおいに影響を受けます!ユメちゃんの様に目標を持って生活出来るといいなあ。

本当にありがとう♪
うめちゅう
2012年09月20日 19:45
>りりんさん

こんにちは!ようこそお越し下さいました!

りりんさんも悩んでいるんですね。実は私も再建手術だけは何となく悩みました。でも途中でやっぱり引っかかりがあった方が洋服とかも便利、そして全摘だとやっぱり心の片隅には喪失感があるのかもしれないと,自分の気持ちを分析してみて思ったので踏み切りました。

変な話だけど、もし温泉に行けるなら(こっちには無い)別に全摘でも平気で入っちゃうとは思う。でも一番不都合に思うのは今まで持っていた胸開きの服が着れないことです。っていうかブラがズレる(爆)パットしてもいいから引っかかる所があればねえ。。。

正直,実際に失敗するとは思いませんでしたけれど、でも後悔もしていません。どの道、この方法を自分で選んだんだと思います。

放射線をしていなかったら,もしかして安くて済むシリコンにしていたかもしれません。でも拒絶反応のリスクが高いと言われたので、シリコンの選択はなしになりました。

他の皆さんの話を聞くと太ももという話もあるので,次回先生に聞いてみようかな?なんて思いました。

私も勿論再チャレンジしますよ!色々調べて,自分の納得する方法を探したいと思います!

今回、運が無かったのは・・・もしかして運を使っちゃいけない時だったからかもしれません。娘が望む学校に入れる為に運を逃したのなら,それはそれで良いかな?なんて思っていますよ。今は試験に向けて鬼母しておりま~~~す!

りりんさんも頑張って納得のいく結論を出してください!
junko
2012年09月22日 00:58
うめさん☆はじめまして・・・私も今年の5月に、右胸を全摘同時再建をして、現在ホルモン療法中です・・・・うめさんのブログから、たくさんの勇気を頂きました・・・心から感謝します・・・うめさんの1日も早い回復を心から祈っています☆
二吉
2012年09月24日 02:43
はじめまして、こんにちは。。。
私もうめちゅうさん同様、ロンドンにて乳癌の手術、治療を受けました。この度、うめちゅうさんのブログにおじゃまさせて頂き、あ~、日本人の方で、ロンドンで乳癌の治療されている方がいらっしゃる、となんとなく心強くなりました。私も全摘出後、迷いに迷った末、シリコンによる再建を受けました。今は、術後3年になり、ホルモン治療中です。私はプライベートの保険に入っていない為、評判が決して良いとは言えない、NHSですべて治療を受けました。病院の対応は決して良いとは言えませんでしたが、ドクターの専門性の高さに驚かされました。私はエクスパンダーからシリコンに入れ替えた際に、シリコンがずれてしまって、再度入れ替え手術を受け、乳癌と再建の手術を合わせると、4度の手術を受けました。こんなに何度も手術を受けても『ただ』っていうのはやはり、素晴らしい、と思います。セカンドオピニオンも幾度となく受けましたが、どの先生方も大変素晴らしい方々でした。長年イギリスに住んでおりますが、乳癌になって始めてNHSを利用し、今までのNHSに対する印象が変わりました。 私もシリコンは入れたくなくて、自家組織による再建を考えてましたが、乳癌の術後体重が激減して、使える脂肪がお尻を使ってのマイクロサージェリーとなると言われて、かなり大変な手術になるのと、術後痛くて座れないと言われて、仕事への復帰を考えるととりあえず短期間で復帰出来るシリコンの再建を選びました。うめちゅうさんの大変貴重な経験をブロクに掲載して頂き、ありがとうございます。まだまだ術後痛みなどもあり大変かと思いますが、無理されないでください。。。

すっかり寒くなってしまった今日この頃ですが、お風邪など引かれません様に。。。。また、お邪魔させていただきます。。。

二吉

うめちゅう
2012年10月14日 08:36
>junkoさん

返信が遅くなってごめんなさい!コメントをどうもありがとうございます!

私も多くのブロガーさんから沢山の勇気を頂きました!少しでも誰かのお役に立てたなら嬉しいです。

みんなで一緒に頑張りましょうね!
うめちゅう
2012年10月14日 08:49
>二吉さん

大変遅くなってゴメンなさいね。

二吉さんもこちらでなのですね。NHSはいい面も悪い面もありますよね。私は2回の帝王はNHSでしたよ。慣れって言うのもあるのかな?1回目は結構ガビーンって感じの入院でしたが、2回目はこんなもんだよな~。あ、サービスが良くなった、なんて感じで入院しました。でも仰る通り先生は専門に関して本当にプロですよね、皆さん。

おしりの肉を使うと座れないってなんか分かるなあ。うつ伏せでも寝れないだろうし、どうすんでしょうねえ?謎だわ?

次回は背中の筋肉ごとだって。。。おしりの方が良い様な気もするんだけどなあ。。。。。。

今度、ゆきちゃんと一緒にオフ会しませんか?受験が終わるのを少し待っていただければ・・・ですが。。。。私もこちらで一緒に治療を受けられたお仲間がいると聞いて、とっても心強いです!どうもありがとうございます♪
二吉
2012年10月15日 00:03
こんにちは。。。
すっかり、寒くなってきましたね。
お返事ありがとうございます。
是非、お時間のあるときにでも、オフ会宜しくお願いします。連絡先は改めて、メッセージの方に送りますので、
お時間のある時にでもご連絡いただけたら、嬉しいです。
宜しくお願いします。
ひまわり
2018年07月11日 12:59
自家組織乳房再建(お腹から)を検討している者です。
現在のお加減いかがですか?
画像ありがとうございました。
取り急ぎ、お礼のコメントと
自己紹介代わりに自分のブログURLを残させていただきます。
https://ameblo.jp/catherine0814dx

この記事へのトラックバック

  • プラダ トート

    Excerpt: これから再建手術を受ける方の参考になると良いな。 うめの乳癌日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-08 12:38