The Havenの紹介コース

先週の話ですが、5/8はゆきさんと2人でThe Havenという所の紹介コースに行ってきました。

この The Havenという所は乳癌の人の為のセンターなのです。

http://www.thehaven.org.uk/

このセンターをはじめたのはサラさん。自分の子供のベビーシッターをしていたウェンディーさんが乳癌になった事からはじまりました。サラさんは癌自体の治療のみならず、心のケアもとても重要だと考えたそうです。サラさんはご自身の事業を売って、そしてこういうセンターを作られたそうです。

本当に頭が下がります。素晴らしい事だと思います。こういうケアをどうやったら出来るかと考えてみたのですが、やはりお金がかかります。場所、そしてプロの栄養士さん、プロのカウンセラーさん、プロの看護師さん。そしてブレインとなるお医者様。多くの方が関わって、こういう大きな団体が出来るのです。日本でも出来るといいのにね。

さて、10時前にHanenに着きました。受付に名前を言って、待っていると・・・あれ?見た顔が!

前回のリビングウェルで一緒だったLさんがいました。この日は寒かったのでカツラを冠って行ったので,向こうは気が付かなかったの。で、カツラを取ってみせたら「ああ!」って感じで、話に花が咲きました。

今はパンダ(娘)が受験なんだけど、同じエリアに住んでいたので、Lさんのお嬢さんの学校はパンダの第二志望の学校だったのよ~~♪頑張らないと~~。

Lさんはここに鍼をしにきたんだって。この間のコースで瞑想をしていた先生が鍼をこのセンターでやっているそうなんです。

ひとしきりLさんと話してから、会場となっている部屋へ向かいました。この国には珍しく、靴を脱いで部屋に入りました。ふかふかのカーペット。リラックスできる椅子。この椅子は、例えるなら海水浴場で貸し出される布ばりの椅子が少し高くなった物でリクライニングにもなるんですよ~♪

さて、始まりは看護婦さんのTさんがHavenがどうやって出来たか?どんなサービスがあるかを教えてくれました。このセンターでは10回は無料で色々な事が受けられます。

個人的には

☆エモーショナル・サポート
*カウンセリング=本人、カップル、家族、子供

☆マインドーボディ/セルフ・ヘルプ・テクニック
*ライフワーク・コーチング
*マインド&ボディセラピー

☆タッチセラピー
*鍼
*アロマセラピー
*ハンズオンヒーリング
*マッサージ
*リラクソロジー
*指圧

☆ニュートリシャン・ハーブ
*健康な食生活/栄養士からのアドバイス
*ウェスタン・メディカル・ハーブ

☆エネジェティック・アプローチ
*バッチフラワー
*ホメオパシー
*エモーショナル・ヒーリング
*栄養エネルギッシュシステム(Nutri-Energetic System)

があり、自分に必要なもの、またはコンサルトしてもらって必要なものをアドバイスしてもらったり出来るそうです。

グループやクラスもあります。

☆エモーショナルサポート
*若い女性の為
*再発の人の為

☆マインド,ボディ/セルフ ヘルプ テクニック
*耳の鍼
*EFT(Emotional Freedom Technique)
*マインドフルネス ムーブメント/瞑想
*The power of your heart
*ストレス軽減プログラム
*リビングウェルームービングオン

☆エクササイズ/フィットネス
*ヘルシーステップ
*キ ゴン
*ストレッチとリラクゼーション
*ヨガ
*ベリーダンス

☆教育
*ボディイメージ、セクシャリティー&愛情行為
*受胎能力と乳癌
*リンパ水腫の認識
*最新の再建手術

☆栄養学/ハーブ
*女性の為の素早く出来る健康な食事
*グリーンジュースとスムージー
*クッキーデモンストレーション

☆実用的なヒント&フィーリングベター
*ブラ フィッティング
*髪型&メイクアップ
*ルック グッド、フィール ベター(かっこよく&気持ちよく)

とまあ,こんな感じ。こんなに沢山のコースをコストだけの値段で提供出来る様に(もうけ無しってこと)ホントに安く提供してくれているのです。先にも書いた通り、10回はただでトライ出来るんです。素晴らしいよね。どれも納得のコースです。

さて大体の説明の後は自己紹介をしました。看護婦のTさんとスタッフのEさんから。

その後はみんななかなか話しにくいだろうからって思って、僭越ながら私から。自分の癌の話。どうやって見つかったか?どんな治療をしたか?なんて話ました。ゆきさんも自己紹介。ぽろぽろとみんなが話し始めます。

今回のコースは、治療の段階も様々。前回のコースでは、殆どの人が治療を終えていました。リビングウェルコースだったからなんだろうな。でも,今回は紹介コースなので、まだ治療中の人もいます。抗がん剤が終わって手術を待っている人、次の抗がん剤に移る人。
「手術を受けるけど、どんな感じだかちょっと不安」
「嘔吐恐怖症なんだけどECからタキソテールに移る所で、次の副作用が怖い。」
「大体は大丈夫だったけど、タモキシフェンの影響で感情的になりやすくて、それが困った。」
等々。最後の人は自分の事を話せないぐらい、今は辛い時期だったようです。

しかし、考えてみると、はじめの検査で見落としされそうだった人のなんと多い事か!!(ゆきさんもそうだった!)

自分の勘って大事にするべきなんだなあと改めて実感。でも健康な時って『自分が癌かもしれない』なんて考えたくないんだよね。何か変な感じがあっても、悪い意味でポジティブになって「大丈夫、きっとなんでもない。きっと思い過ごし」って思って病院に行かないケースもあるのではないかしら?私も例えば歯医者さんなんかはそうだものなあ。。。。

それから誤診に関して。ちょっとでも変だと思ったら違う病院でセカンドオピニオンを貰った方がいいのかもしれない。『大丈夫』と言われたら安心してしまいがちだけど、自分の勘も信じて1日でも早い発見する事が重要だと思う。

休憩の後にはエクササイズの紹介。体操(今回は太極拳の様な体操。)。そしてQi Gongというものを紹介してもらいました。キゴン?って何?って思ったら、なんて言おうか・・・太極拳の親戚かしら?

自分で(実際に手で)ボールを持っているとイメージします。そのボールを落とさない様に自然に(ボールの表面を撫でる様に手を回しながら?)体を動かすというものです。なんだか面白いな。行ってみようかな?

それから瞑想もしました。瞑想。。。はじめは慣れなかったけど、今回は3回目。こう、眠りそうで眠らないのかいいのかな?本当は。でもウトウトしちゃいました~~

ひとしきり動いた後はランチです。

ここの食堂もボランティアで成り立っているみたい。材料費だけという状態で安く提供しています。メニューはこちら。
画像


さっそくゆきさんとカレーやケーキを食べてみました。

画像

ひよこ豆カレー
画像

ビートルートとチョコのケーキ

他の人達とも話をして、みんなでお昼を食べました。お互いに情報交換。どんなだったかとかね。

さあ、午後は栄養学。

これは勿論、みなさん興味のある話だよね。いい食事(運動も)は癌を治す訳ではないんだけれど、細胞の行動を変化させると言われています。健康な食生活をして損はないからね。

前のコースの栄養士さんと内容は少し違ったんだけど(もう少し厳しいかな?)大体は一緒。

☆お酒、タバコは確実に癌の元。

☆お酒は週末にグラス1杯(←これは前の栄養士さんの方がリラックスしていたわ。『週に休肝日を2日。1日グラス1杯』だったもの。)

☆赤肉に関しても別のコースでは週に3回と言っていたのが、こっちでは週に2回と言っていました。まあ、大体でいいと思うんだけどね。前は気にせずに週に何度でも赤肉を食べていた様な気はする。それに比べたらマシよね。

☆フードプレートと言って、1回のご飯のバランスに関しても教えてくれました。

☆お皿の(一回の食事の量の)50%は野菜とフルーツ。20%はタンパク質(プロテイン)20%は炭水化物。最後の10%はオイルなんだそうです。

フルーツはそれでも1日3つまで。糖分が多いのは良くないんだそうです。体内の糖分が上がるとインスリンがそれを止める。そうなると一気に糖が下がってまた糖が欲しくなる。そして食べる。それでまた糖値が上がってインスリンが止める。またガクッと下がる。

これの繰り返し。このグラフの山を大きくしないで小さくする(下の緑のラインですね)のが健康の為なんだってさ。グラフはこれ。(写真を拡大すると読みやすいです)

画像


あらかじめお断りしておきますが、グラフの血中の砂糖の数値はこの数値ではありません。栄養士さんは数値までは言いませんでした。

でもこのように血中では糖が上り下がりしているんだそうです。是非、緩やかなグラフを作りましょう。ちなみに、前回のコースで、砂糖を取るより果物を食べる方がいい理由は、胃や腸の中で消化しないと糖が血中に入らないから、血中に糖が行く時間が『ゆっくり』だから良いと言っていたのが,グラフを見てとっても良く理解が出来ました。

この上のグラフは糖分を良く取る人。この様に、実際に糖を取るとインスリンが働き、急激に糖値が下がり、また糖を取ると言う悪循環になります。

なんかダイエットの話みたいだけど、これは健康を維持するって言う事ナンです。だから、家は今は砂糖をなるべく取らずに、ステビアを使う様にしています。(子供のお茶とかには勿論。)家は子供達も私の遺伝があるかもしれないから、取りあえず、健康的な食生活ぐらいはさせないとね。と,思い始めました。

上記のフードプレートはこれ。 (写真を拡大すると読みやすいです)

画像


他の日に友達にこの話をしたら、友達が
「あら~、普通のご飯って炭水化物が50%ぐらいじゃない?ほら、イタ飯とかもそうだし、イギリスやフランスのご飯だってパンとかをよく食べるでしょう?」
って言うの。確かに!って思いました。で、その友達に「野菜を食べた方がいいよねえ、気をつけないと!」って言ったら「私ベジタリアン」って言われて大爆笑(こっちには結構ベジタリアンの人がいます)

ベジタリアンの人は、帰ってタンパクを取る様にお豆とか食べてくださいね。

ひとしきり、大体の栄養の話をした後は休憩が入り、今度は実際にイギリスでよく食べるご飯をフードプレートで検証してみました。

画像


画像


朝食で野菜を取るのって難しいよね。トーストだけってこと、多くないですか?是非ジューサーなどを活用してください。後は卵はコレステロールを気にされる方も多いと思うんだけど、とてもバランスの取れた食品なんだそうで、薦めていました。

この間(レスする時間がなかったんだけど=ごめん、ぴこるるさん)ぴこるるさんの記事で乳製品の話が出ていましたね。(↓これ)

http://iq210.blog.fc2.com/blog-entry-191.html

今回の栄養士さんも前回の栄養士さんも『乳製品を食べるから乳癌になるという説がありますが、今までのリサーチでは何一つ証拠は上がっていません。今の時点では関係ないと言って良いと思います。』と仰っていました。ネットでみると、そう言う本まで出ている様なので、不安になる方も多いのかもしれません。しかし、こちらの栄養士さん方が仰るのは『大量に食べ過ぎなければ良い』という事でした。

大豆製品も女性ホルモンを活発にするというので気にする人もいるそうですが『もの凄く大量に食べない限り、体に大きな影響はないはず』というのがこちらの栄養士さん達の見解でした。

反対に、人参のカロチンは癌をやっつけると言って1日に2Lという奨励をされるする人もいるそうですが、1日にそんなに摂取したら肌が黄色くなるだけだそうですこれも適量を飲むのがいいんだって。

まあ、あんまり頑張りすぎない様にとの事。あんまり「あれもダメこれもダメ」となっても帰ってストレスのもと。新しい食材を楽しんで、長く、いいバランスの食べ物を食べる様にという事です。 とにかく、偏ってはいけないとの事。バランスを取る事ね。

とにかく、人それぞれ信じる物は違うと思うので(お医者さんだってそうですよね)自分が良いと思う事を取り入れて行けば良いと思います。

ぴこるるさん、私は全然気にせずに乳製品取っています~(っていうか、骨を強くしないとAnastrozoleに薬を変えられないので、前よりも一生懸命食べてます。。。)

楽しいコースでした。はじめに自分の事を話せなかった女性は、最後に私達と話した時に「来て良かった。前向きに考える事が出来そうだわ。」と言っていました。良かったね♪

パンダのお迎えを旦那にお願い出来たので、この日はゆっくりさせていただきました。時間の制限がないので、ゆきさんと2人でカフェに行きました。面白いジュースバーを発見!

画像


画像


画像


ヘルシーそうだね!って言うのでゆきさんがキックスターター。私はキウィグリーンを注文。更に私は骨を作る為にアーリーバード?とかって言うヨーグルトを注文。

画像


食べてみて2人で
「野菜だ~~~~~ヽ(;´ω`)ノ」
やっぱり野菜ジュースはブレンドを考えて頼みましょう。。。。

後は楽しくおしゃべりをして帰途につきました。

抗がん剤が終わったばかりのゆきさん、頑張ってHavenに来て疲れた事でしょう、お疲れさま!(今日が手術だったそうです。ゆっくりしてね!)

治療中のゆきさんにも、治療が終わった私にも実りの多いコースでした!

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぴこるる
2012年05月17日 06:13
乳がんの人のためのコースですか、内容が充実しているね~。安価でこれだけのコース選択肢があるなんて、いいなぁ。お国柄なんですね。勉強になります。
今夜帰ったら、また記事を(拡大して)じっくり読みこむぞ~。
うめちゅう
2012年05月17日 07:16
>ぴこるるさん

もしかしてお仕事中?時間がある時にゆっくり読んでね~!

こっちの人は太っ腹って思った。こういうの、お金がないと出来ないもの。または無償でやってくれるお医者様とか栄養士さんとかカウンセラーとか。

病院内でやっている所もあるみたいです。今度はNHSのにも行ってみるかな?なんて思っているのよ。ぴこるるさんの病院の先生にも勧めてみたら?(って、いうがやすしだけど、実際は難しいんだろうけどね。。。)
ゆき
2012年05月22日 06:59
すごーい、まとめてあるありがとー、いつでも読み直せてうれしい。表とかすごくいいね!再来週に予約を入れて、しっかり鍼にかよいたいなと思っている。手術無事に終了、日帰り不安だったけど、退院できてよかった!手術あと、フィシュアンドチップス食べちゃったし、翌朝から普通に朝食作って2時間散歩にいったよ。こっちの人ってほんとうにお金あるところから、集めるのうまいよね。ありがたい。また集おうね。

この記事へのトラックバック

  • ダイエット!

    Excerpt: 今日は体重の話です。 Weblog: うめの乳癌日記 racked: 2012-08-07 20:01