J先生との検診 & 何気ない言葉に傷つく

やっとレディオセラピーが終わったかと思うと今日は検診。またまた街へと出向きました。

まあ、レディオセラピーが終われば、自ずと次の治療の相談になるものね。。。要の先生であるオンコロジストのJ先生に会うのは当たり前の話なのですが。。。

J先生はお元気でした。ビックリしたのはナースのEさん。レディオセラピーのクリニックとJ先生のクリニックって違う場所なのに、今日はJ先生の方に来てくれていました。申し送り・・・的な?

なんにせよ、知った顔に会えるのはとても和みます。

まずは傷を先生が見るという事で、上を脱ぎました。
P先生は傷を見るときは触ってもとても丁寧に触っていらしたんだけど、J先生はギュウギュウ押していましたヾ( ̄0 ̄;ノ

センセー、そんなに強く押したらはがれちゃうんぢゃ?( ̄□ ̄;)!! ←いや、はがれませんでしたけど。

脇の下も元気いっぱい押していました。リンパのチェックね。。。

「脇の下がズキズキすることもあるんだけど、荷物の持ち過ぎですかねぇ?」
「そうだと思います。大丈夫よ♪」
まあ、触診して大丈夫っていうんだから大丈夫なんだろう。ついどこか痛いと癌と結びつけがちだもんね。かといって疑わないって言うのも・・・(≧▽≦)

聞きついでに腰痛の事も聞いてみる。最近、腰痛が酷いときがあるのね。元々腰痛持ちだったけど、酷くなった様な気がして。

もちろん、つい骨転移?とか疑ってみたくなるんだけど、この1年、運動と言う運動をしていない訳だから・・・。体もなまるは更にウエストバック好きな私は、結構重いものを腰で持っていたから、それなりも負担もかけていました。

でも、この間のM先生と話していた時に「CTは全身撮ったの?」と聞かれて取っていない事が頭の隅にあったので、取りあえず検査してもらう方が良いのかしない方が良いのか聞いてみました。

「そうね、、、。腰痛は卵巣が変化していて(卵が死んじゃって小さくなっている)閉経に近い状態だから更年期障害が起きても不思議じゃないの。」

更年期障害の症状には『肩こり、腰痛、関節痛』って言うのもあるんですよね。

「でも心配なら、骨シンチをしても良いわよ~。」

そして今度はホルモン剤について。

「貴女の場合は卵巣摘出が決まっているから、ホルモン剤は2種類の中から選ぶ事になります。Anastrozoleかtamoxifenね。」

http://www.anticancer-drug.net/hormone/anastrozole.htm

http://www.anticancer-drug.net/hormone/tamoxifen.htm

おお!私もいよいよホルモンヌ!

「でも、どちらかに決める前に骨の状態(密度とか?)とビタミンDの状態を調べます。それから決めましょうね。」

という訳で日にちは決定していませんが、いくつかの検査を受ける事になりました。よっしゃー!(`・ω・´)ゞ 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

そして余談ですが・・・

昨日。。。パンダ(娘)のコートや靴を買った時に、、、私も靴を買ってもらったの。。。安売りしていたんです。。。コレ

http://www.mbtsale.jp/mbt-bomoa-mbtshoes297

最近、健康グッズの誘惑にまかされっぱなし?この間はバックを買ったし。。。あれはそれこそ「腰に負担が行かない様に」だったんだけどさ。

つい。。。出来心で。。。m(__)m

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

それから今日は、こんなこともありました。

今日はゲーナ(息子)を合宿先まで迎えに行く日でした。実はここ数日風邪っぽくって、昨日が終わるまで咳は出なかったから良かったけど、今日は咳も出ていてちょっと体調悪し。

倦怠感もあり運転の自信もなく、今日も旦那に出動要請していました。当然、車に乗った途端にグーグーと寝ていました。

疲れていると心も弱くなる。きっとそう言う事なんだけどさ。。。。

帰りがけのお買い物中に、ゲーナが「疲れた~、疲れた~」と言うので「何言ってるのよ~、そこまでではないでしょう?」と言うと。。。。

『お母さんには分かんないよ。お母さんなんて、こんな風に(と、てを上に上げて)ただ毎日横になって息を吸っていりゃあいいんじゃん(放射線の事)。僕なんて毎日7時間は練習したんだよ。』

コレがぐさっと来た。。。。

ゲーナにしてみればキーモのときよりも普通にしている私を見ての発言なんだろうけどね。。。子供相手に大人げないが、つい

「あんたさ~、お母さんが今やっている事、どんな事だか分かっているの?被爆して細胞のDNAを替えているんだけど。そのお陰で皮膚がどんな状態になっているか知っているでしょう?これ、どんだけ体に負担のかかる事だか分かってんの?」

『しまった。言っちゃ行けない事を言っちゃった』というゲーナの顔を見ながら、自分でも分からないが涙が止まらない。ゲーナにごめんなさいと言われても止まらない。旦那がどうしたの?と言うので全て発覚。。。

いや、自分でもビックリ。変な話、泣いているその時でも自分で『あら?調子が悪いのねー。私。なんかとってもナーバスじゃない~』なんて思っているし、『おお!この状態がもしかして鬱状態?』なんて分析しているんだよ(≧▽≦) 

子供の前で嘆いた事のなかったんだけど、たった何気ない子供の戯言に、ここまで反応する自分の心に改めてビックリしました。

自分でももしかして押さえて来た事なのかもしれない。泣いている最中でさえ、「治療が受けられるだけで本当にありがたい」という気持ちは変わらない。でもやっぱり体を切り刻んだりする事はやっぱり心にも負担がかかっている事なんだなあと実感した事件でした。

後で、家族で話した時にこういいました。
「ゲーナ。今日の一言は悪気があって言った事じゃないのは分かっているよ。まあ、冗談みたいなものだよね。普通のときならお母さんだってサラッと流せる一言だと思う。。。。。今回の事、相手がお母さんだからいいけどさ、お友達や周りの人にこんな事言わないでね。」
「言わないよ!本当にごめんなさい。」
「いや、お母さんが言いたいのは、悪気がなくも傷つけてしまう事ってあるってことよ。特に身体的な事や家庭環境なんかを冗談にしないでね。」

と、旦那が
「ゲーナ。お母さんにはコレをするしか選択はないんだよ。お前の場合は、疲れている理由は夜まで皆でDVDを見たり、話していた事だって影響しているんだろう?」
頷くゲーナ。
「お前が疲れているのも分かる。だけどな『選択肢の無い人』と自分を比較する様な事はするな。そんなに疲れているなら部活なんだからやめればいいだろう。来週から行かなくていいんだぞ。」
「No! I want to go!!」
「それならくだらない愚痴は言うな。再度言うけど家庭環境の事でも何の事でもだけど『選択肢の無い人』の事をとやかく言うな。分かったな。」

ことの顛末はこんな感じ。その後は私は夕方から10時頃までグーグー寝ました。やっぱり体調が悪かったのね。。。。

日頃、全然気にせず、ハゲを冗談にされても気にしないし、うるさいぐらい人にも「乳癌よ~!皆も検診に行ってね~」と言いまくっている自分が、よもやこんな状態になるとは思わなかった~。ふと、Kさんのお母さんを思い出す。抗がん剤で辛かった時にこういう状態になっちゃったのかもね。

人間は複雑な生き物ですね~♪

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ちゃわ
2012年02月15日 13:27
すっごく分かります!頭で分析できてるのに、行動が伴わないトカ、軽く流せばいいのに、深読みしちゃったりトカ。読みながらボロボロ泣いちゃった私もかなり弱ってるかな?うめさんの旦那さまは、理解があって素敵ですね~。選択肢がないかぁ、納得です。選択肢がないから、病気も治療も受け入れられたのかな。それにしても、うちなんて子供が4人いるみたいで…トホホ。
れんこん
2012年02月15日 15:49
放射線治療終了お疲れ様でした。皮膚の状態はとても痛そうですが、ほんとに日にち薬です。剥けないように気を付けてくださいね。何かこんなに毛穴ってあるのね…とびっくりですよね。ホルモンヌ仲間が増えると心強いです!また、お勉強されたこと、教えてくださいね。
わからずの涙、私も経験しました。ほんとにほんとに何気ない言葉に異常反応してしまう自分。
「軽くてよかったやん。」、いつも言われる言葉。そうです、治療できるんですから、命もありますし…。でも、体を切り刻むことは心もダメージすごいのです。もちろん相手に悪気はありません。
放射線治療の初日、緊張してるの?って声を掛けられただけで止まらない涙。頭ではわかってます、必要な治療。でも、心が何かを受け入れていない。
傷つくことも、救われることもある。思い、言葉難しいですね。何だかいろいろ考えてしまいました。
ユメ
2012年02月17日 00:26
冗談が通じなくなる自分って時々あるのです。知らず知らずのうちに、選択肢のない治療をしていることを我慢しているんでしょうね。毎日薬を飲むんだって、辞めたいけど、辞めない方がいいって言われて飲んでます。これも、深層心理では我慢しているのかもしれません。 
私は、夫のどうしようもない冗談に時々怒り狂います。娘たちはありがたいことに、私の地雷はまだ踏んでいません。
うめちゅうさんは、息子さんが地雷を踏んでも、大人なご主人がいるからいいですね。うちは、娘たちより、夫のほうがどうしようもない冗談を言うので、超頭にきます!!!
っと・・・・ここまで書いてスッキリ。ありがとう!!!
うめちゅう
2012年02月17日 01:08
>ちゃわさん

ホント!頭で考えている事はそんなにガッカリなんかしていないのにねえ!自分でも面白いな、って思ったんですよ!だって涙流しながら、頭で自分の事分析しているんだもん!

でも私だけじゃないんだなって少しホッとしました。ちゃわさん、ありがとう!

ちょっとした事に反応してしまうときは、きっと疲れている時!ちゃわさんもゆっくり、リラックスしてくださいね♡

旦那の言う事、私も目から鱗でした。そうね、気が付かなかったけど「選択肢がない」と言えばないものね。。。

いや、治療とかは自分で選択しているんだけどさ、命に関わる事だから「疲れたからや~めた!」なんては言っていられないものね。。。。

でも治療できる事もまた幸せな事ではあります♪明日に向かって頑張りましょう♪

お子さん、4人ですか!!! 大変だけど素晴らしいわ♡
うめちゅう
2012年02月17日 01:23
>れんこんさん

どうもありがとうございますm(^^)m やっと終わった!

>何かこんなに毛穴ってあるのね…とびっくりですよね。
↑まさに!!ホントそうですよね。毛穴が黒くなって来て・・・ねえ。昨日ぐらいから毛穴と毛穴の黒さがくっついたんですよ(爆)

時間が経つのを待っています。痒くなってきました。

ホルモン剤、掟を守って忘れない様にしないとね~。でも忘れそうで・・・(^o^;) 

言葉って難しいですね。状況に寄っても、体調によっても違う。。。。今日もコースに行ってサバイバーの人の体験を聞きました。皆、動かなくなる体に絶望感を感じてしまうんでしょうね。今日のサバイバーの方の「1人1人違うんだ」という言葉がとても染み入りました。

でも、前を向いて足を踏み出す事、大事なんだなって思いました。みんなで頑張りましょうね♪
うめちゅう
2012年02月17日 01:33
>ユメちゃん

うんうん。言った人は悪気がないのかもしれないけど、深層心理で傷つく事があるんだと思いました。

そうか~、お嬢ちゃま達は地雷を踏んでいないのね。。。家もパンダは踏まないかなあ。。女の子はツボを心得ているのかもね~。日頃はパンダの方が私のハゲとかを冗談にしているのよ~♪

ゲーナはね、今まさに思春期の入り口で、母親にぞんざいな口をきくのがカッコいいと思っている節もあるのよね。。。友達の前とかだと「うるせーなー」なんて威張ってみたりすることもあるのよね。。。こっちがしょーもなーって思うんだけどさ。。。

お引っ越しであんまり無理をしないでね!ところで、家のパンダがマジに羨ましがっていたよ、段ボール(爆)
ちゃわ
2012年02月18日 08:20
うめちゅうさん、ごめんなさい。子供三人+旦那ってことなんです。私の書き方が曖昧でした。うちの旦那は私より一つ年上ですが…子供を泣くまでからかうような困ったさんなんです(しかも後のフォローは私)小学生のころよくいた、好きな女の子にいじわるする男の子みたいな…もう40才になるのにいつまでそんなんなのかしら。

昨日、放射線科にはじめていってきました。しるしはやっぱりマジックでその上から透明シールでした。末娘はまだおっぱいを触りたがるので、消えないかハラハラです。終わってからしばらくが一番お肌痛いそうですね。うめちゅうさんもお大事にしてくださいね。
yannchan
2012年02月18日 15:27
災い転じて福となる・・・とはちょっと違うけれど、ご主人の「選択肢の無い人」を労わるようにする教え素晴らしいです。他人への労わり、想像力に満ち溢れたいますね。
この言葉を読んで、ケモ始める前の治療計画・通院の日程の相談を主治医としていたときに、まあ、そんなに仕事がんばらないでほどほどに、的なことを言われ、いや、一馬力で頼る親もいない身の上(異母弟の母=継母はいますが)頑張って働かないと治療費が払えないんだよー!!と内心、分かってないなぁ~とか思った記憶が蘇りました。
主治医のFB眺めたら、お友達欄がやっぱりほとんど医者で大学も高校も頭脳もだけど、財力もないと通えないところ。日本にもちゃんと階級はあって、あ~お金の苦労はしたことはないんだろうな~自分の生活水準が当たり前の認識だと、病気(しかも、がん!)になんかなったんだから、仕事はセーブしてゆったり生活すればいいのに~とか(それは心底患者のために発した言葉なんだろうけれど)思うんだろうな~と。

誰かのためを想う言葉でも、難しいことがあるな、と自戒を込めて考えさせられました。

ところで、娘ちゃん仮名が「パンダ」ちゃんなのはパンダが好きだから?私、「パンダにひっかかれたことがある女」として、結構、希少価値があるかと自負しています(笑)
いつか、品川パシフィック(86年当時)滞在中のパンダ画像アップしますね。
うめちゅう
2012年02月19日 00:42
>ちゃわさん
ごめんね~、悪いと思いつつウケてしまった~f^_^;)
旦那さま、可愛いですね~♪

そう、男の人って子供みたいな所があるものね. o(≧▽≦)o
若くないうちの旦那もそういう所ありますよ~。うちの場合は旦那が少し年上なので丁度いいかも。

放射線は通うのが大変だけど、キーモに比べたら楽勝ですよ。でも今から下着には気をつかって下さいね~!
頑張って通って下さいね♪
うめちゅう
2012年02月19日 01:41
>yannchanさん

リコメ@ヒースローです~。
うちの旦那の発想は、たまに驚かされる事もあります。育って来た環境や背景が違うんだな~と感じる事もあるよσ(^_^) ハッとさせられる事もある。
ゲーナには良い勉強ね。まだ琴線に触れてしまうような事を言うのは若い証拠だね。その分、子供がヘビーに受け取っていないのは良い事でもあるんだけどね。(だからって調子に乗るんじゃないよ~(♯`∧´)って思うけどさ(≧▽≦))

主治医の話も考えさせられます。そうなんだよね。背景はみんな違うんだものね。お医者様も良かれと思って言ったとは思うけど、それが全ての人に当てはまるわけではないんだものね。後記事のコースでも思ったけど、みんながみんな違うんだってキチンと認識しないとな~と、改めて思いました。

パンダはパンダが大好きです。パンダ一色よf^_^;)yannchanさんの事羨ましいそうだよ(爆)

この記事へのトラックバック