(レディオ)放射線治療 4日目

☆昨日の書き忘れ

まずは放射線での出来事。

ふと(緑のレーザー光線のようなものってこの間タトゥーをいれた時に決めたんだよねえ…で、これに合わせるって事は、この線が基準って事なんだよねえ……)
T君に
「ねえ、レディオセラピーをしている間はいきなり太っても痩せてもいけないって事?だって線の位置が変わっちゃうものねえ。」
「そうですねえ。そういうことになりますねえ」
「なんだ、ダイエットしようと思っていたのにぃ」

そうか。マシーンで運動と思っていたけど、とりあえずはお預けかあ。(⇦なんていいながら言い訳を見つけて又ダラダラしそう。。。)

数日でいきなり激太り、激痩せなんて事は滅多にないとは思いつつ……それでもとりあえずは気をつけて生活しないとね。

看護婦Eさんとの話は、結構長くおしゃべりしました。放射線の事のみならず、一般的な話も沢山したんです。

放射線の事に関しては、かゆみの事。。。クリーム問題。クリームをとにかく塗って水分を与えること。本当にシャワーの時に使って洗い流して良いのか?=大丈夫との事。今のところこのクリームだけで対処して、もしも後でもっとひどくなった来たら他の薬?ジェリー?を試すとの事。

私の疑問。。。放射線は微小細胞を破壊する為だけどふつうの細胞に対する影響は?.=次の日、P先生に聞く。

眠いこと。これは副作用?。。。聞くの忘れた。。

そして一般の話。

ブログのネットワークとか食事の話とか。

食事の話で、私のお向かいに住んでいたスージー(乳癌を一回克服して再発をして亡くなってしまった)は、毎回私が日本に帰る度に「うめ、日本茶をかってきてくれる?」と頼まれていました。

彼女の主治医曰く、日本茶は癌防止にいいんだとか。そういえば掛川は日本で一番癌患者が少ないってテレビ番組で見た様な。。。それでスージーは毎日800cc飲む様に心がけていたと。

でもEさんはべつにそんな話は聞いた事はないとの事です。だから人参ジュースもそんなにポピュラーではないんだろうね。

結局Eさんが言うには「何でもバランスよく食べたり飲んだりすること。其れは癌じゃ無くても同じでしょう?」と。

確かにそうだよね。癌になったから食べ物を気をつけるのでは無く、皆が気をつけるべき事なんだものね。

私が今気になるのは子供達&旦那の健康です。病気になった私よりも健康な家族が健康なまま一生を過ごして欲しいと心から思う。

でもね、私の食生活はそのまま家族にも反映している訳だものね。

実はイギリスにはとても太った人が多いです。しかもその太り方が半端じゃない!日本の太っているという概念をはるかに超えているんですよ。旦那はクジラと表現します。豚さん、熊さん、カバさんなんかよりもスケールが大きいでしょう?

子供達が小さかった時にはよくZooに行きました。そしてそういう体の大きな人を見かけると、大抵旦那様もおんなじサイズ。ふと見るとこどもたちも……。でもね、なんでか良く分かるんですよ。だってね、その子供達、例えば爬虫類の館ではじめに見かけた時にポテトチップスをバリバリかじりながらコーラを飲んでいるんです。……それで1時間後に他のお猿のオリのあたりでその親子を見かけると、まだコーラと飴を食べているんです。……さらに1時間後今度はペンギンのあたりで見かけると、まだポテトチップスとコーラを食べて飲んでいるの((((;゚Д゚)))))))どんだけ?

そりゃあ太るわよ。クジラになって当たり前っていうか…。

結局はそういう食生活ってきっと親御さんの食生活が影響しているんだと思います。だって親も……。こちらの番組でもそういうご家庭を取り扱っていたけど、幼稚園の子供が人の5倍も食べていても「ヘルシーフードだから大丈夫」って言い切っていました。でも5歳で65kgは異常かと。700メートル先の学校に通うのにお祖母さんが可哀想だからって車椅子を押していくって。。。ねえ(このうちの親御さんはまだ、そこまで太っていないけど、甘やかし過ぎ)

http://www.bbc.co.uk/programmes/b00s2mh1

余談になったけど、大なり小なり私の悪い習慣が子供に影響を及ぼす事だってあるものね。
我が家の家族が健康になる為には少しでも悪いところを改善していきたいよね。

私は野菜より肉派だったので(ゲーナがまさにそうだな)野菜を何が何でも取る為には、やっぱり人参ジュースよ!人参だけではなくほうれん草+リンゴ+ミントなんかも美味しいです。

何も2Lなんて飲まなくても良いから、出来るだけ楽しくビタミンを取れると良いね♪今は毎日子供にも飲ませています。(野菜も食べる様に心がけます!)

さて、今日は4日目。今日はEさんとSさん。
いつも通りさっさと終わる。技師さんにふと
「この技術って心臓が壁に近い人にとっては画期的だけど、心臓がふつうの位置にある人は使わないんでしょう?」
「そうなの。貴女みたいに心臓が左寄りにある人だけなのよ。他の人はただ寝そべって照射されて終わりなんです。」
「でも画期的だよね。これが10年前だったら心臓に放射線がかかってしまってリスクが増えるんだものね。」
「そうそう」

どんな小さな事でも、こうやって進歩して行く事で医療の世界は進んで行くんだね。なんか凄いな。

そして今日、木曜日はP先生との面談の日です。久々のP先生
「どうですか?治療は?慣れた?」
「はい、すごいテクノロジーですね。」
なんてご挨拶に始まり、旦那が余計な事言ってブログの話なんかするから・・・

ついブログ村の話なんかしちゃって、先輩ブロガーから皮膚が後でむけたりするとか,日本だと綿を裏返しにして着る人もいる。それで私はノーブラ生活をするのにこんなものを作った・・・なんてつらつらと下らない話をしました。

P先生も笑って聞いてくれてホッとした。ま、次回からは無駄話をしない様に気をつけないとねえ。。(私は本当におしゃべりなんです)

さて、今日は少しとんちんかんな質問もしました。

どうしてもレディオセラピーの謎を解きたかったの(なんて大げさだけどさ)

一番初めに技師さんから説明を聞いた時に、Hに聞いたジェルシートの話をしたの。そうしたら技師さんは
「それは効かないのよ。放射線はね、どちらかと言うと肉の内側の方に影響を与えるから、外から冷やしてどうなるものでもないのよね。」と。

これで私の中では「放射線」は「電子レンジ」とイメージが重なる様になったの。

皮膚の内側が焼けるってこと??どういう風に悪い細胞をやっつけるの?正常な細胞は平気なの?それともダメになっちゃうの???・・・みたいな。

それで、出来ない英語を屈指してP先生になんとかそのイメージを伝えてみる。大爆笑されました。旦那も一緒になって笑ってるし\(*`∧´)/ええ、ええ、私はバカですよ~!もちろん電子レンジの様に焼いているとは思ってないわよ!

と、こんな答えが!
「放射線と言うのは、細胞を焼く訳じゃ無くって細胞のDNAに影響するのよ。それで癌細胞を殺すの。
良い細胞はどうなるかって言うとね、この放射線を受けても正常な細胞の場合は6時間でDNAがちゃんと修復されるの。癌細胞はそれが出来ないのよ。
・・・だからね、放射線は24時間で大抵決まった時間に毎日照射する訳。」

ほお~~~~~!!!なるほど~~~~~!

勉強になります!先生!

そうか。だからチェルノブイリでも長い間、止むことなく被爆していたので、正常細胞さえもおかしくなってしまったんですね。

こうやって、使い方をきちんとすると便利な放射線。
被爆と言えば被爆なんだけれど、科学的な裏付けがあって初めて使われている訳なんだなあと納得です。

勿論、コントロールできない程の巨大なエネルギーはもっと注意して使うべきかと、個人的には思います。(原発のことです)

これからも余談だけど、今日の診察では福島の津波で起こった原発事故にも話は及びました。私個人の意見では,そちらの方面でもソーラパワーとか、何かもっと自然のものを利用して電力が作れると良いのになと思います。

事故が起こった時に対処をするだけで命の危険にさらされる様な、そんな原発は賛成できないなあ。

同じ様にレントゲンもCTも放射線も嫌いな人は嫌いなんだろうけれど、私的には今日の様な説明を受けてとても納得です。多少のリスクはあって当たり前と思うし、この治療をしてもダメだったとしても、治療自体に効果がないとは言い切れない(たまたま私の場合は・・・効果があった、効果がなかったっていうだけのことなんだものね。)から、喜んでレディオセラピーを受けようと思っています♪

さて、今日はこんな所で。。。おやすみなさい!

(リコメできなくてごめんなさい。眠い!!)

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

yannchan
2012年01月14日 16:18
今日は、ホントは週末出勤だったのだけど、なんとなくだるくて当日欠勤。午後から起き出して、こうしてブログ村に遊びに来たり…

>良い細胞はどうなるかって言うとね、
>この放射線を受けても正常な細胞の場合は
>6時間でDNAがちゃんと修復されるの。
>癌細胞はそれが出来ないのよ。

勉強になりました!立花さんの本読んだりしても、がん細胞はかなりおりこうで、抗がん剤に対する耐性や自分で血管を作り出して、あらたな生き残るルートを確立するとか、人間の英知よりちょっと先をゆくおりこうさ加減!って感じなのに、こうして、がん細胞には出来ないこと!もるのねー。放射線、お金も時間もかかったけど、いい仕事してくれたのねー。この24時間体制の理由がはっきりしていれば、日々是修行!が必要な意味も、もっと受け入れやすいですねー。最初の1週間が終わったかな?お疲れ様です。
うめちゅう
2012年01月16日 09:23
>yannchanさん
一週間、終わったよ~!修行!
今朝(日曜)に父も電話をかけてきて細胞の話をしたら、父もそこまで知らなかったみたい。
治療にはそれなりに科学的裏付けがあってそれなりに意味があるんだね~!
知らないまま受けるより、分からないことはバンバン聞こうって思いました。すっきりさっぱり頑張れるものね♪

でも、まだ1ヶ月ある。。。yannchanさんの言う通り「修行」だわ~。もっと慣れたらお買い物でもしようかなと画策中です(≧▽≦)

この記事へのトラックバック