(レディオ)&(卵巣摘出):放射線治療 12日目 + 卵巣の超音波

12回目です!今日も底冷えする日。でも今日はP先生と会う日なので旦那が家で仕事してくれると言うことで、車で来ました。しかも今日は卵巣摘出のために卵巣子宮あたりのエコーも取りにいかなくてはなりません。忙しいな~。

今日は見学者がいる日です。どうするのか見られるのだと思っていたのですが、実はT君とSさんの2人だけが部屋にいていつも通りの照射でした。

T君もSさんもなんだか緊張気味でした。もちろんこの部屋、モニターで機械の方に映し出されています。スペインのお医者さん達はモニターの方に行ってどうやって患者に装着して、どんな風にするかを見ているんだと思います。

昨日から私もくしゃみをしない様にと長めの手袋と帽子を装着。やっぱりひんやりする箇所が少なければ少ない程、くしゃみする確率は減るもんね。Sさんは笑っていました。

T君は「日本に行きたいなあ」なんて言っていました。どうやらお友達は日本に行っているみたいです。どうぞどうぞ、いつか日本に行ってみて!京都も良いよ、新幹線でスキーにも行けたんだよ。。。お風呂が懐かしいなあ。なんて話しながら今日も楽しく終わりました。

ドキドキ(●´ω`●)ゞインタビューされたらどうしよう!通訳の旦那に来てもらわなくっちゃと気張っていましたが、何も聞かれないで終わりました。

放射線でなぜ間が空いてはいけないのか?

ガンの種類によるんだけど、あるガンの細胞は分裂する速度が速いそうなんです。(脳と首の辺りの癌は分裂が速いんだそうです。)
なので実際のがん細胞に照射されている場合なんかは特に、キチンと計算されたスケジュールの元で間を開けずに照射しないと効き目がないということでした。

なので、緊急の場合は1日2回(6時間あけて)照射する事もあるぐらいだそうです。

肝心の乳癌細胞ですが、分裂する速度は遅い方だそうです。
「貴女のは大丈夫よ」と、先生。

………先生、ゴメンなさい。自分のことは心配していないんです。実はただの好奇心とブログのネタなんです。

あと伺ったのは、最近本当に稀に喉のした辺りに何か詰まったかの様な感じーなんか気持ち悪いのとは違うんだけどねえ。。。これは単に私のお腹が空きすぎてそうなるのか?副作用か?

「そんな所、照射していないわ。副作用じゃないわね。」

関節が痛むのは?ーこれはもしかして、先週の筋肉痛。今更出るなんて、どんだけ年寄り?

「キーモならそう言う副作用あるけどねえ?」

みんな気のせいみたいです(爆) ま、良いんだけどさ、うんと痛い訳でもないからね。

そしてその後はスポンサー(旦那)とランチ。旦那はお魚のパイ。

画像


私はキャロット・スープとサーモンとほうれん草のキッシュ。このお店、オーガニックで有名です。

画像


画像


さあ、あっという間に時間となり、今度は超音波を取りに行きました。これもクリニックの近くでした。あっちに行ったりこっちに行ったりとせわしい一日です。

歩ける距離なので運動のためにも歩いて行きました。少し待たされました。初診になるので問診票を書かなくてはならないんだけど(もちろん英語)面倒臭いので旦那に書いてもらっちゃった。そして暫く待つと看護婦さんがやって来ました。

「こんにちは。Mrs Ume。失礼だけれど、お手洗いは行かれましたか?」
「え?いっていませんけど。。。」
「申し訳ないのですが、超音波の為に膀胱を空の状態にして頂きたいのです。あそこにお手洗いがありますので、行っていただけますでしょうか?」

そうかあ。膀胱がからでないと何か映るのかしら?じゃあ、大の方とかはうつらないの?と訳の分からない事を考えながらトイレに行く。

それから先生のお部屋へ。先生は何だか映画に出て来そうなキャラクターでした。ポーランドあたりのくせのあるい英語で、メガネを鼻のしたの方にかけて上目遣いに患者を見て(って老眼鏡なら仕方がないんだけどね。)話す。

先生の方からは「M先生の方からこちらに来る様に言われた訳ですね?貴女はどうして今日、スキャンを取る事になったのか、経緯をおしえていただけますか?」 と丁寧に話しています。

へー。ちゃんと本人からの確認をするのね。確認取らないと。。。間違って処置しちゃったらまずいものね。

それから処置室へ。スペースも広いので、旦那も一緒に入っても良いって言うので、とにかく通訳してもらう、、、、。

今回のスキャンは妊娠初期の時に使う様な\(//∇//)\恥ずかしい所からいれるのですが、、、、それでないと卵巣はキチンと取れないみたいです。そういえば......日本で妊娠初期を迎えた方なら分かると思うけど、お腹の上からのエコー(スキャン)だとはじめの方の週ではベビーは映らないから\(//∇//)\の方から棒の様な機械を入れてベビーのスキャンをとっていたっけね。

でもこの国だと妊娠中のたった2回しかスキャンをしないし、女性の\(//∇//)\な部分はよっぽど必要な事がなければお医者さんでも見ないと以前書きましたが、今回も念入りに確認されて
「キチンと看護婦も一緒にいます。旦那様も一緒でも構いませんから。」
と、男の先生が女性患者と2人きりにならないと言う事を患者に何度も言います。

さて、実際のスキャンが始まり、まず先生が仰ったことは子宮内のこと。
「ああ、貴女の帝王切開の後は、ほら、ここ、膀胱に癒着していますね。」

へぇ~~~~、へぇ~~~~!そんなこと分かるんだ~~~(@o@)

確かに超音波でいう白い映像が傷の様な形で見え隠れしています。こんなのを見せてもらった事は無いので、ビックリ。

去年、実は乳癌を見つけた時は、やっぱりクリニックでフルコースの人間ドックをしました。その時に婦人科の一環として胸のスキャン、そして卵巣のスキャンも撮りました。(実は、その時のスキャンを見つけたので後で映像を載せますが)その時は卵巣のスキャンに関してだけで、子宮内のことに関しては何のコメントもありませんでした(当たり前だけど)。なので超音波でそんなことまで分かるとは、凄いな~なんてまた感心しました。

勿論、今回のスキャンは今度の手術の為に内部の状態をM先生が知りたいからなんだけどね。癒着に関しては(子宮の癒着だけではないんだけど)手術の時に影響するそうなので。

ずんずん調べて、今度は卵巣。残念ながら、映像の写真がないのですが(ああ、お願いして撮っておけば良かった!!)先に書いた様に1年前にとった健康な状態の卵巣はこんな感じらしいです(これ、多分卵巣だと思います。貰ったプリントは乳癌と卵巣だけなので、これがそうだと思います。間違っていたらごめんなさい!)

画像


画像


しかし、今日の映像では卵巣がとても小さくなっていました。これは抗がん剤で私の卵が機能しなくなっているからだと思われます。でも状態は至って健康でした。確かに上の映像に比べると小さくなっていたような気がします。

先生にお伺いした所、抗がん剤の後でも卵巣は復活するそうです。が、年齢も関係してくるそうで、私の年齢だともう閉経してもおかしくないそうです。抗がん剤の終わりの頃から、いきなり体が熱くなって汗をかくことがありました。

勿論、副作用オンパレードなのでほっとフラッシュめいた症状は大した事は無いと思う程度のものでしたが。。。

もしかして、卵巣がもう機能していないからすでに更年期障害の症状が出始めているのかなあ?

手術に関しては遺伝の血液検査の時のB先生に「卵巣を取るのなら確実に卵管も撮ってもらいなさいよ」といわれた話をすると、普通、卵巣を取る時には卵管も取る。その理由は、遺伝があった場合に卵管の方からも癌が発生することがあるからだそうです。

診察はこれで終わりました。先生はM先生の方に結果を送ってくれるとのことです。

今日は放射線とスキャンだけとはいえ体がとても疲れたのか、車の中でもグーグーzzzZZ。今日はパンダ(娘)もゲーナ(息子)も放課後のクラブがあり、それぞれ迎えにいかなくてはならなくて(しかも同じ時間!)仕方がないので私だけパンダの学校の近所のカフェに下ろしてもらい、旦那がゲーナを先に迎えに行ったんだけど、カフェでミントティーを飲みながらもウトウト。

信じられない。カフェでウトウトなんて!!

旦那に学校からパンダと私を拾ってもらい、家に着いたらもうウトウト。夕食まで寝てしまいました。

明日もあるから頑張らないとね。今日はこれでお休みなさい!

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ガンダチチ
2012年01月27日 10:19
おっおいしそ~o(^▽^)o
今、放射線診察待ちなんですが
お腹グゥ~ってなっちゃいました\(//∇//)\

ブログのネタで質問ってわかります(笑)
ついつい何かネタないかしら?
なんて思っちゃう自分がいますo(^▽^)o

ぴこるる
2012年01月28日 08:08
海外の料理って、やっぱり日本と少し違うよね~
美味しそうだよ~、ジュルジュル、、、、、。
いつか、イギリスにも旅行行ってみたいな~
うめちゅう
2012年01月28日 08:53
>チチちゃん
このレストランって自然食品を扱っているんですって。下の階は普通のお店なのよ。自然食品が売っているんだよ。上の階がレストランになっているの。美味しかったけどお腹一杯。キャロットスープ、癌に良いと思って一杯食べたよ♬

ネタになること、放射線のこと、自分に当てはまらなくても聞いていて楽しいものね。先生には質問ばかりの困った患者なのかしらね(≧▽≦)
うめちゅう
2012年01月28日 08:56
>ぴこるるさん

そうだね、やっぱり和食には和食の良さ、こっちの食事にはこっちの食事の良さがあるよね。でも、yannchanさんへのレスに書いた様に、イギリスはあんまり料理はおいしくないかも。やっぱりフランスとかイタリアとかかもね(イタリアは行った事ないけど。。。)

ぴこるるさん、今度遊びにおいで~!

この記事へのトラックバック