遺伝コンサルテーション

さて11日目………のはずでした。

いつも通り途中の駅でコーヒー。が、ふとぴこるるさんのコメントを思い出していつも同じ所に行ってばかりじゃつまらないので、いったことのないとこにしました。カフェルージュ…これもチェーン店なんだけどね。

画像


コーヒーは今ひとつかな。でもアーモンドクロワッサンは美味しかったです。それで、ふとiPhoneでiCalを見ると…あれ?何コレ?

13:30 Geneticist Consultation

イカーン、忘れとった( ̄◇ ̄;)

今朝旦那は朝早くパリへと出張に行ってしまったヽ(´o`;私達2人とも「パンダの家庭教師は2月からだよね?今なら出張に行っても大丈夫ね?」と、娘の心配ばかりしていたよ。あちゃー。。。今日は1人で行くか、仕方ない。英語が分からなかったら辞書使うべ。。。

が、もう一つ修理をしてもらうものがあって、お店に予約を入れてしまっていたのよ。もう旦那に電話で予約変更してもらうしかないね。電話してもユーロトンネルの中でしばらく繋がりませんでした。暫くかかってナンとか連絡できる。そういえば私、
今日会う先生の名前も覚えてないし。。。。(⇦しょうもない患者だねえ。)

そしていつも通りクリニックへ行きました。すると、技師のAさんがやって来ました。見るからに申し訳無さそう。

「ごめんね、Mrs Ume。実はね放射線の治療室でちょっと問題があってねえ。。。。週末に停電があったんだけど、コンピューターの調子がもどらないのよ。貴女、きょうの予定は?」
「1:30から遺伝の血液検査があるんだけど。。。それまでは良いよ。iPadもあるしさ。」
「あははは、じゃあバッテリーがなくなったらチャージャーを貸してあげるから。いってねぇ(≧▽≦)o 」

待っていると今度はお会計の方に呼ばれる。。。。前にも書いたけど私の場合、保険は会社が払っているので取り敢えず保険ナシの状態で請求が来て会社はそれを払うのか?もしくは保険会社に請求するのか良く知らないんだけど。。。。。私の目に入るのは保険ナシの値段です。。。

正直言って目が飛び出るほどのお値段です。。。。。保険って大事です。本当、保険がなかったら(いや、これからなくなるんだけど)とんでもない事になるなあと改めて思いました。健康な方、入っておいた方が良いですよ~!

それで旦那の会社のメルアドなどが分からなかったようで聞かれました。そして支払いの方法に関しても代理で聞いておく。

それから旦那に支払いのことに関して報告していると,技師さんが現れる。初めての方だわ。電話を切った後にお話ししました。

技師さん曰く、今日はやっぱり出来ないとのことでした。機械の調子が悪いのね。でも仕方ないよね。ちゃんと作動しているかどうか分からない時に照射しても意味ないものね~(機械が間違って心臓なんて焼かれたら怖いものねえ~)了解です!

そしてもう一点。実はスペインの医療関係者が、今私が使わさせてもらっているコンピューターの技術(眼鏡を通して視覚的に息を吸う位置を患者に見せる技術)にとても興味があると。

木曜日に実際に患者に使っている所を見学したい。・・・患者って私です。・・・皆さんお医者さんなんですけど、いかがですか?見学しても良いですか?と。

いやぁ、こういう所もNHSとは大違い。私、そう言えばパンダを妊娠中の羊水検査でトレーニングの人がいたけど事前には聞かれなかったなあ。その場で「いい?」って感じでした。

もちろんどうぞ、どんどんこういう機械が普及してくれるといいなと思います。私も感心したし、実際患者にはとてもありがたい機械です。更に、下手するとインタビューだって。。。英語、自信ないんですけど。。

その後に追加の日の予定を書かれた紙を貰って、家に帰りました。家に帰って修理するものを取ってお店に届けて(旦那に手配してもらって時間を変えてもらった)から、急いで今度はNHSの病院に車で行きました。

NHSってさあ。。どこの病院もそうなんだけど駐車場がとっても混むんです。みんな病人だから仕方が無いんだけどね。それに大病院だからなあ、大抵。私立病院は専門だから患者の数も少ないんだろうね。高いけど。

今日も駐車場で順番待ち。1時間も早く着いたのに、駐車して病院のブレストケア(血液関係)の受付についたのは5分前。ああ、早く着いて良かった。今日は一人だから遅刻する訳にもいかないもんな。

そして血液検査による癌の遺伝を調べるテストの前にドクターBとお話でした。

B先生は私の少し上ぐらいの女の先生。遺伝の専門の先生なのかなあ?そんな感じでした。

まずは家族の癌の歴史について聞かれました。

父方
曾祖父=食道がん
祖父=胃癌
叔父=白血病(?)
叔母=膵臓がん

母方

叔母=膵臓がん
従兄弟=胃癌
母=卵巣癌

結構いるねえ。。。

ところで、癌全体の中で70%は遺伝とかまったく関係ないんですって。がんの原因というのははっきりとしてはいないと。

この遺伝の研究も今現在で分かることは限られていて、この検査結果で出ることで『絶対に』なんて事は今の医学では言い切れないんだそうです。

ま、だから私たちが将来のエビデンスになるんだろうけどね。

ところで、ここで45分間話したことは、いまここに書ききれるものではないので、後日ゆっくりと書かせていただきます。

今日、一番重要な事は「貴女のお母さんは本当に卵巣癌が原発でしたか?」ということなんだそうです。母の癌が卵巣癌であるか?他の癌の転移で卵巣も癌になったのであるか?で大きく違うんだそうです。前者なら遺伝する可能性がある。後者なら血液検査の必要性はまったくないんだそうです。

そんな訳で、実家に電話して確認をして、癌のグレードなどが書いてある紙でもあれば見せて欲しいとの事でした。先生のメルアドを教えていただいて、血だけは抜いて帰る事になりました。

その後、大きい病院なので迷いながら血液検査の場所にたどり着きました。まるで銀行?郵便局?番号札を出してもらい、電子掲示板に表示される番号の部屋に入って採血します。

今日は腕から。珍しい所から取っていましたね。久々の血液検査。1本だけなので
「もう良いの?1本だけなの?」と思わず聞いてしまいましたよ~。

それからパンダを迎えに行き、算数の家庭教師の先生が来てレッスン。

こういう忙しい日に限って旦那は出張。あ~あ。

家に帰ると今度は技師のAさんから電話。「明日は1:30からでも良い?」って。

明日はパンダがサッカーの試合があるんだよなあ。間に合うかなあ。。。どうか勝ち進んでください!そうしたらお母さんも応援に行けるから。

更にリビングウェル(コース)のKさんからの電話もあって、コースに関しての予約。

最近、予約予約で目が回りそう。願わくば、私のキーモブレインがこのスケジュールを忘れません様に!!(すでに今日、忘れていたもんね!!!)

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック