(キーモ)7回目タキソール

10/18。7回目のタキソール。
さてキーモ室。今日は担当看護婦さんはKさんでした。

「どう?Mrs.Ume?段々薬が体に貯まってきているんじゃない?」
「う~ん。そうかもなあ。段々大変になってきたよ~。。。」

なんて話しながら体重、血液検査。あ~あ。先週は57kgに減ったのに、また58kgでした

その後は「今週の副作用の報告」の時間

今週も薬は1錠も使わなかったな。気持ち悪いのは1回ぐらい。関節痛も夜中に一回(だから眠くて薬を飲まなかった。)。頭痛も1回。手と額にブツブツ、手のはかゆい。でも出来ては消える感じ。後は痺れ。手の指先の電気ショックみたいな痛みも1回だけ。あとは眠くなりやすかったかな。水曜日は1日寝ていたものねえ。

こうして見ると睡眠で体力回復しているって実感する。だって旦那がいる時は、寝坊が多い。だから午後はいつも動けるもの。体力の限界が来て辛くなったのは前の日曜で、出かける時間が圧倒的に長かったもの。

同じ様に出かけるのが長くても、なんとか最後までモツ土曜教室は、良く考えると「運転」を一切していないからね。これも大きなポイントかもしれない。勿論夜はボロボロだけどね。。。

後は例のごとく下痢かな?

そうそう実は昨日、ずっと心配していたNiからテキストが来ていました。Niは明日の水曜日(10/19)に乳癌手術を受けるそうです。彼女の乳癌は「乳房外ページェット病」と浸潤癌と非浸潤癌があるそうです。更にリンパへの転移の疑いもあるそうで、明日の手術はリンパの状態に寄って変わるそうです。

折角、オンコロジーセンターに来ているんだからとKさんに質問

「Pagetってな~に?(これはユメさんのブログで出ていたものかなあ?)」
「う~ん。それは知らないなあ~~。Drに聞いてあげるよ。」

途中でキーモ室のドクターが来て、副作用の手足の痺れに付いて質問に来ました。ここには常に数人の先生もいらっしゃるの。

流れとしてはDr.Jの様な偉い先生にまず上のオフィスで会い、病状を見てもらい(そこで患者を簡単に診る事が出来る設備もある。)抗がん剤を処方してもらう。

トリートメント・スイート(キーモ室の事)では、看護師さん達が実際にポートに針を刺し、血液検査、点滴や注射をしてくれ、毎回副作用のチェックをする。

発疹、痺れなどの症状が多い場合、キーモ室のお医者さんが来てくれ,問診&触診で判断する。コンピューターに打ち込んだ症状は全部、Dr.Jの元へ報告される。となっているようです。

来てくれたインド人の先生に正座の後の痺れって言うのを説明します。 このビリビリって2種類あるのよ。正確にはに「ジンジン」痺れるって言うのと、手の指先がビリッと電気が走る様な痛さを感じるのと。

が、英語では両方とも「針で刺した様な感じ」という表現。今回は痺れの話をしてもどっちなのかが分からないのかもしれない。。。言葉って難しい。日本語だったらもっと表現できるんだけどなあ。。。「正座の後の痺れ」って言っても日本人にしか分からないだろうなあ。。。

さて、今回来てくれたインド人のドクターに自分の症状すべてを説明して手足を触診してもらい、大した事がないと判断された後、早速Niの事を聞きました。

「pagetというのは皮膚の病気で癌とは少し違うんだ。でもね、それはたいしたことないんだよ。どっちかっていうと、癌の方がやっぱり問題だよ。ほら、例えばタージマハールとか行ったら、車なんてうんと小さく見えるだろう? ・・・そんな感じ。」

うーん。流石にインド系のお医者様。例えが違うな~。

しかしインターネットで調べると
http://brcguide.com/c05pajet.html
癌って書いてあるじゃん!!

まあ、先生が言いたいのは、比べるなら浸潤癌の方が治療の中心になると言いたいのだろうけれどね。。。

そんな訳で、点滴をバンバン打ちながらNiにテキストで応援メッセージを送る。

途中、久々のマッサージを受けました。痺れもあるから今日は足をお願いしました♪マッサージのSさん。なんか今日は疲れきっていたなあ。。。私より眠そうでした。タキソールは途中で眠くなるのだけど、いつもはネット三昧で寝る暇ないんだけど、今日はマッサージでウトウト。

そうそう、制吐剤かなにかを入れると少し寒気がするんだけど、Kさんにその話をすると、毛布を持ってきてくれたの。ぬくぬくするので余計眠くなったかな。ウトウトしました

でも、30分のマッサージが終わると目も覚めちゃったので、日記を書いていました。

それでふと、思い出したんだけど・・・そういえば今週は盲腸の部分も少し痛かったんだよなあ。

前に書いたかもしれないけど娘を帝王切開で出産後に3日で退院。その後自宅で夜中にのたうち回るほど盲腸の場所が痛かったのだけど、次の日に来た看護婦さんに「手術後だから、痛くて当たり前」とあっさり流されたの(傷口と全然違う所って言っているのに。。。)

何年かして人間ドックで大腸検査したら、盲腸が自然治癒した後があったの。3月に今回癌を見つけた健康診断で先生に聞いたの。そしたら帝王の時の痛みは盲腸の可能性が高いと。で、帝王の後には痛み止めの他に抗生物質を貰っているはずだから自然治癒したのだと。医学用語で「ちらす」と言うのは抗生物質をあたえることなんだそうな。。。

で、散らしたら完治、じゃないんだって。。。。また痛くなる事があるんだって。友人も入院したけど、何の処置も無く「痛みが収まったから」退院させられたんだったよね~

ってことは私も同じ状態なのよね。「うんと痛くならないと」あまり治療しないみたい。。。NHS・・・アバウトな医療だ。。。

で、今回Kさんに聞いたのは「抗がん剤投与中に手術は出来るのか?」という事。いざという時の為に聞いておかないと。痛いは痛いんだから。。。
答えは「必要なら致し方がない。でもその時は抗がん剤の記録手帳を必ず提示する事。緊急以外は手術は出来ない。」との事でした。

抗がん剤って強いんだね~~(どんだけ~~ (((( ;°Д°)))) )

そう言えば,投与後に私の体液(おしっことか血とか)が家族に触れない様にと言う強いお達しを頂いたっけ。そう言えば,歯医者も抗がん剤投与中は行かない方がいいって書いてあったかなあ?

私は抗がん剤の前に行ったらメリメリって歯を抜かれました。「治療できない」っていわれ「抗がん剤が終わってから来てください」と。

1つは免疫力が落ちるからトンデモナイことになる(歯の治療って体力をもの凄く消耗するんですってね。)抗がん剤は免疫力も白血球もドカンと下がるから、抗がん剤を延期して,医師から歯科医に紹介状を書いてもらったって,ペコさんのブログに書いてあったなあ。。。

もう一つは血とかドボドボ出るから,歯医者さんも抗がん剤が皮膚にかからない様に最新の注意を払うのでしょうね。ま,元々手袋とかしているし、そう言う事は気をつけているのでしょうが。。。

手術なんて言ったらもっと血がドボドボ。。。。お医者さん,気を使いまくり。。。

あっ、思い出したけど、昔小型犬を飼っていて,家の父をかんだのね。父は「手術の前の時にこう言うのは困るんだよなあ。感染症の恐れが増えるからなあ」と,ぶつくさ言っていたっけ。。。

赤い手帳の携帯って大事なのね。。。投与した薬や期間が分かるんだものね。。。。

ホント,恐るべし抗がん剤(°Д°;≡°Д°;) 

さ、すべてが終わり、今日も1時には解放。今日はご飯がでるのが遅くてご飯無しでした。なので娘の迎えの時間までピザエクスプレスに行く事にしたの。トイレ事情もあるしね。

時間をつぶして学校に向かう途中、あまりフラフラしてるので、先週は学校まで20分歩いたけど(往復40分ぐらいになる)今回は自身がなかったの。と、駅前にタクシー屋さん。。。

ええ、贅沢しました。駅から学校に行ってもらい娘を拾って家までタクりましたホント、貯まってきてるのね~。。。

帰ってきてから2号が「やったやった」と言っていた宿題が一切していなかった事が発覚。

怒り爆発。「もう『OK!OK!』って言わないから」いっていたにもかかわらず、レッスンでも先生に怒られました。更にまた生意気をして私が切れる。。。

ストレス貯まりまくりじゃん。「パンダよ、お前もか!!」の世界。

あ~~~~~~。参るよ~~。。。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ええ、ええ。生活をきちんと回すって大変なのね。今更気づいたわ。。。この週はそれでも出張の日数が少なかったので助かりました。


ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぴこるる
2011年11月24日 21:33
盲腸の話を、、、、。
手術をしたくない場合、抗生物質を点滴・または内服して盲腸炎を抑えることがあります。その時は痛みが治まっても、また暫くしてから痛み出すことはあります。
その時「しょうがない、今回は手術して取ります」と、決
意し、いざ手術になりお腹開けてみると、盲腸と周囲の癒着があり、手術に時間かかったりする可能性があるんです。(今までの炎症のせいで癒着がおきてしまう為)大人の盲腸は要注意です~!
2011年11月25日 08:57
>ぴこるるさん
やっぱりそうですよねえ~~~。。。この痛み、疲れると出るんですよ。
この間、同じ様な症状の友人が盲腸でNHSに入院したのね。で、2、3日様子見で痛みが治まったら何もせずに退院させられたんですって。。。
真剣に「痛かった」と訴えたんですけど、「手術の後だから当たり前」と・・・
こう言う所がね。。。NHSの怖い所なんだけど。。。でも重病だと優先してくれるんですよ。。。
う~~ん。保険がないと出来ない医療とただでもこう言う事が起こる医療。。。。なんか歩み寄って丁度いい形というのはないんだろうか???って思います。。。
こっちが「これ,盲腸だと思うよ」といっても取り合ってもらえないって。。。困りますよねえ。。癒着したらやだな。。クスン(ノ_-。)

この記事へのトラックバック