落ち込む

(10月3日の日記)

毎週のタキソールできっと体調も悪い(と言ってもそんなに悪い訳じゃないんだけど)のかしら?先週から些細な事で落ち込んだりまします。

子供が習い事で怒られたとか、自分の何気ない発言がとても馬鹿みたいに思えて落ち込んだり・・・

でも、今日、極めつけ。。。

これは些細な事ではないんだけど。

友人Niの事。息子の友人Caちゃんのママ。私が全摘の手術をする時も息子を預かってくれたり、わざわざ家にも見舞いにきてくれました。

彼女のお姉さんも乳癌で、私が家系での遺伝をチェックできる検査があると言ったら、Niも受けたと言っていました。叔母さんもそう、お姉さんもそうだから。

で、Niは大丈夫、遺伝的には乳癌の確率は低いという事が分かったそうです。勿論、娘のCaのことも心配だし(私だって娘の事はとっても心配)なので、遺伝の事が引っかからなくて良かったと言っていました。

先週の月曜日もテキストをくれました。「最近、連絡していないけど元気?調子はどう?」って。

土曜の夜は娘は友人Jaの誕生日でお泊まりパーティーに呼ばれて泊まりにいっていました。今日(日曜)の昼にお迎えに行く事になっていました。

さらに今日は友人の家にBBQに呼ばれていたので、旦那にオーガニックの肉屋で肉の調達をお願いしていたの。旦那は10時半に出て行ったので、一旦家に帰って来るのかと思った。。

なんだかキリキリと機嫌が悪くなった私、あまりの遅さに切れまくり

12時半になって電話で旦那に怒鳴る私。
「アンタ一体、肉を買いにいくのに何時間かかってるのよ」
「娘の迎えに行っていたんですよ~」
「ちょっと~、折角の良いお肉、何時間車の中に放置状態なのよ、ばっかじゃないの?何の為に美味しい肉やに行ってるのよ」

ガチャと切ってしまいました。だってお肉が心配なんだもん

イライラとしていました。帰ってきた旦那が
「ちょっとこっちに来て」

キーーーーーー、言い訳~~~?????

と、となりの部屋に行くと

「今日は肉屋の前でPに会ったんです。(PはNiの旦那です。娘の学校のスタッフです。)Pとおしゃべりしていたんですよ。」
(きぃ~~~!肉が腐る~~!!)

「それで、Niが乳癌になったって聞いたんです。」

・・・・え?

だって、Niは遺伝の因子はないって・・・言っていたじゃない。。。。

とっても、とっても申し訳ない気持ちになりました。。。

今は検査結果がでなくて、どのレベルか分かっていない状態なんだと思う。そう言う時が一番不安なの。まさにD校長先生が言った様に。。。

なまじっか自分が通ってきた過程なので、痛いほど気持ちがわかるの。

とっても落ち込みました。自分がなるより、友人がなると聞く方がとっても悲しくなります。

一度は検査で「癌の直前かも」と言われていたそうなので(注:癌はまず癌かどうかの判断で1~5の段階があります。5は癌確実)出来れば早期発見であって欲しい。

正直、最近色々勉強をしたので、乳癌は全身病だと認識しました。再発したりもする訳で。。。

ステージ0ならまだ大丈夫。ステージ1も生存率が高い。私は普通の友達には心配させたくないので「私はステージ2aだから早期発見なのよ!」って言い回っていました。でもステージ2って医学的には「早期」とはもう言わないんだってね。。。

で、私は今まで「リンパに転移していないからラッキー」と友達を安心させるために言ってきました。見舞いに来てくれたNiにもそう言ってしまったし。まさかNiも乳癌になるとは思わなかったし。。。ああ、それも後悔。不安な気持ちにさせちゃったかしら?間違った知識を植え付けちゃったし。。。

実は癌の顔つきのほうが影響して来るんだものね。リンパよりもさ。

私の癌はグレード3の一番活発な物。
浸潤がんと言って乳管、乳腺を通り抜けて他に転移をしていくタイプの癌。(そうじゃないのは非浸潤癌という)

これは、絶対に再発しないとは言えないそうだってね。リンパに転移していても、上手く抗がん剤が効いた場合でリンパに転移していない人よりも再発しない場合だってあるんだそうだ。

私がなんでこんなにキツい抗がん剤を受けて、さらに放射線を受けて、更に卵巣を取るかというと・・・。それなりにリスクがあるのかな?なんて最近思い始めました。グレード3の癌だし、母の卵巣癌も受け継いでいる可能性が大だし、年齢も若いし。(癌患者としてよ)

全摘の患者は普通受けない放射線治療も受ける、ホルモンの可能性が全くない訳じゃないので(+と++)ホルモン治療もする。。。。これで卵巣取るのが確実になったら、本当にフルコースなんだろね。(ハーセプチンは出来ないけどさ。それ以外は全部?ってこと?)ってことは、それなりに予後が悪いって思われているってことだろうなと。それはやっぱり顔つき悪いってことなんだろうなと。

はじめはプライベートだからそこまでするのか(お金もうけ?)ってもちょっと思ったけど、必要のない事はしない主義のこの国、リスクを減らすという事では私の状況を考えた上で計算された治療なのだろう。

リスクは誰にもわからない。だから治療で、生活改善で予後が少しでも良い様にとリスクを減らしているんだからね。

誤解しないでね。自分の事で落ち込んでいるんじゃないの。私はすべてを理解した上でも、今の所はラッキーだと思っているし。元気にちゃんとした治療を受けられ、旦那のお陰でゆうゆうと休んでいられるのだから。ただ、不用意な言葉。それが癌患者さんじゃないから、安心させる為に、と言った一言にもの凄く後悔してしまったって言う事。

この間、土曜教室で他の友達にも言われたよ。。。これが生活の為に自分が働かなきゃいけない場合、シングルマザーで何から何までしなきゃいけない場合、こと、子供が小さくて手がかかる場合。。。。そう言う人五万と世の中にいて、その場合の落ち込みようといったら・・・。ねえ?友達は
「ラッキーだと思わないとね。貴女は仕事もしていないし、旦那が協力的だし、子供も自分で色々出来る年。プライベートにも行けている。私、自分が癌になったら相当落ち込んで鬱になると思うわ~~」って。(彼女はシングルマザーなのかしら?もしかしたら・・・。)

私もそう思う。たまに申し訳なくなるぐらい。

でも反面、癌はそんなに簡単な病気ではないと知れば知るほど分かってきたので・・・(って、勿論母の事で末期の患者さんのこと良く分かっているつもりだったんだけどね。。。メカニズム、みたいな物まではきちんととらえていなかったんだろうな。) 癌が切り取ったら終わりと言うものでもないという事を理解した。

自分の事は「ま、なる様になるわ」って思えても、人の事となるととても心配になってしまう。不安な気持ちとか考えると,本当になんて声をかけていいものやら。。。。

どうか、どうか、Niの癌が早期で軽い物であって欲しいと本当に、本当に心から願います。。。テキストをしたけど、返信まだない。。。

神様、どうか早い段階であります様に!!!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

パニクっておりました。Niからテキストが来るまで、心配で心配で。。。。

友達が乳癌になるのって落ち込みます。この日は本当に落ち込みました。彼女は見舞いに来てくれて、私を勇気づけてくれて、本当に心配してくれたの。息子のクラスのお母さんなんだけど、卒業した今でも、お互いに行き来があります。

他のお母さんも心配していました。

今は彼女も治療に入りました。結果を待つ時の、あの一番気持ちの落ち着かない時期を乗り越えました。Niは元気です。私の知っている限りの事、彼女に伝達したい。良い先輩でいられる様に。癌になってしまった私たち、いつも「再発」の心配をしながら生きていく事になるけれど,良いエビデンスになれる様に頑張ってきたいですね。



ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック