教えてもらった、カツラの手入れ

オンコロジーセンターでは様々なサービスをしているようです。

マッサージ
お化粧の仕方&カツラについて
生活改善(?)の講義

等々。ただでやってくれるサービスもあれば、お金を取るサービスもあります。

こんなのNHSではあり得ない。人手が足りないNHS。最小限の処置,最短の時間で帰ってもらう。でも病人にしてみれば心の休まる対応を望んでしまうよね。予算が無くて人でも足りないNHS.医療に従事している人の気持ちを考えると、オーバーワークでつっけんどんになってしまう事があるのも仕方がないとも思います。

なんとか歩み寄れないかなあ?給料上げるとか、人員増やすとか。。。政府の予算を医療だけにかけられないというのも分かるんだけど。。。改善出来るといいですね。

さて、上記の様なサービスをしている人が入れ替わり立ち代わりキーモ室の新しい患者さんの所に来ては宣伝をしに来ます。

家は本当に必要な医療費は出してもらっても、他の事までは保険におんぶできる訳もありません。マッサージは以前書いた、小学校低学年部のD校長先生から勧められたので、自腹でお願いしているんです。毎週だと痛いので、隔週でね。

他は必要ない(だって化粧しないし、カツラもあるし~)もんね~。引きこもりだし~。

お金がかかりそうなので「娘のお迎えがあるから、ちょっと~。」といつもお茶を濁す私。

とある日に来た宣伝のオバサマに、ayayaさんのブログに書いてあった

http://ayayamaman.at.webry.info/201107/article_17.html

http://ayayamaman.at.webry.info/201107/article_18.html

これで作った眉毛シート(こっちにはこんな素敵なもんは売っておりません。自分で自分の眉をなぞって切り抜き、自分で作ったよ・・・そう言えば化粧する機会が無く、一回も使ってないけど。。。。)の話をして
「私は大丈夫で~す」と言うと
「でもカツラは必要でしょう?」と言われたので
「カツラも持っていま~す」

「・・・でも、お手入れとかも正しいこと知らないと。」

(食い下がるなあ、このオバサマ。)

「見せて~」と写真の様にカツラを裏返す。

画像


「ほらね~。実はこの後ろの毛が、被った後は一番グチャグチャになっちゃうのよ。」
「なるほど~」

画像


「こういう時はね、まずは毛の付け根を手で押さえるでしょう?」

画像


「毛が抜けない様に注意しながら、こうやって丁寧に上から下へとゆっくりブラシするの。」

画像


「乱暴にしちゃダメよ、優しくね。」

画像


「そして、被ったら上からブラシをする訳。ね?」

画像


なるほど~~~。勉強になりました!!!

が、結局このコースには行きませんでした~~~。時間が合わないんだも~~~ん。

一年に1、2回しか化粧しないから~。

おまけですが、これがayayaの記事を見て自作した眉型で~す。

画像




ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ayaya
2011年11月16日 23:06
そっか
確かに裏側が摩擦でぐちゃぐちゃになるわ
そこをまず整えないといけないのね
あたしは安物ウィッグをネットで購入ばかりなので正しいお手入れ知らなかったから勉強になりました~(*^_^*)
2011年11月17日 00:19
>ayayaさん
リンクさせてくれてありがとう!追加で眉型の力作も載せたよ~。目から鱗だったもん。私、まだ少し残っているんだ、睫毛と眉毛。(←細胞がもう分裂していないっつう事?)
カツラの手入れはただで聞けてラッキーだったわ。私も知らなかったよ、ずっと。。。ayayaさんのお陰じゃん♪私が色々知っていたから向こうもプロの意地を見せたのかしら?ね?
日本のカツラにも興味を持っていたよ~。私は抗がん剤用のだから裏に肌っぽく見える素材が貼ってあったりするしね。。

この記事へのトラックバック