ヨーロッパ旅行4

旅行記続きま~す

(8/26の日記)


さて月曜日。いよいよモーツァルトの生家です。今回のテーマの音楽の都。旦那が車で行けるよと言うのでいってみたんだけど、一方通行が多くて中々駐車場を見つけられませんでした。川沿いにヨーロッパ風の可愛いお家が並んでいます。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


なんとか駐車場を見つけたと思ったら満車でした。最後に一般の駐車枠を見つけて車を停めて、歩いてモーツァルトの生家の方に歩いて行きました。

橋の向こう側にモーツアルトの生家があるんだけど、ゾロゾロと観光客が渡る橋の手前に、こんなサインが。え?カラヤンって書いてあるけどカラヤンって有名な指揮者だっけ?さすが、音楽の街。

画像


この建物、別にカラヤンのお家と言う訳ではなく、なのかの会社だそうです(旦那談)なのに、カラヤンの銅像らしきものが庭にあったのよね。。なんだろう?

ガイドブックを買うのでもなく、大体の有名な所を目指してゆるゆる行くだけなので、こういう所はいい加減。。。ははは。

それにしても綺麗な町並み。綺麗な川。こんな素敵な場所なんだもの。モーツアルトの頭の中に音楽が湧き出て来たのも頷けます。

さて、モーツアルトの生家です。

画像


まわりの町並みもこんな感じ

画像


この中は撮影禁止なのよね。。。仕方がないので他から引用させていただきます。。。
肖像画やハープシコードのレプリカ等がありました。モーツアルトのお父さんが金持ちと聞いていたので、もっと大きい家を想像していましたが、そこまで大きな家ではありませんでした。
ハープシコードとバイオリン。

画像


モーツアルトのお姉さん

画像


モーツアルト

画像


お母さん

画像


お父さん

画像


子供達

画像


等々です。そして、その後にはモーツアルト一家が引っ越した家に行く事にしました。昼だったので、近所のスーパーでフルーツだの、パンだのを買って、川沿いで食べました。

天気がいいのでホント、いい気分。街頭で絵を描く人、観光客も川の近くの防波堤みたいなものに腰掛けて涼んでいます。 結構暑かったの。カツラの中は汗だくだよ~~。

さて、また橋を渡り今度は引っ越した先の家を見に行きました。

これも撮影禁止なので他からの引用ね。

建物、

画像


入り口の写真(注:子供達をなんとかしようと思ったのですが、写真の処理の仕方が分からず、こんなになってしまった。心霊写真じゃないからね。ひとえに私の写真処理の技術のなさで~~す)

画像


展示されてる部屋。

画像


画像


とこんな感じの所です。こっちのハ-プシコードは本物なんだって。でもこっちの家には少し大きいホールみたいな所もありました。音楽会とか開いたりしていたんだろうなあ。

小さい頃は、それこそ旅ばかりしていたんだろうし。。。忙しい人生だったのね。知らなかった事は、モーツアルトが亡くなった後にコンスタンツェは再婚していたのね~。歴史家で図書館司書との再婚で、モーツアルトの作品集や伝記を出版したんだそうな。

モーツアルトの家を離れてからは、私は観光をちょっと休ませてもらった。流石に前々日で学習しました。1日観光に付き合える体力ではないと。旦那に子供を連れて行ってもらい、少しゆっくりしました。

実は知り合いのお友達(ピアニスト)が近所の音楽大学で行われている音楽の講習会に参加中でした。この日にコンサートに出るというテキストを頂いたので、その方に会いにいきました。

さて、その方に聞いたらコンサートは6時からとの事。とにかく旦那一行にコンサートの時間を言い、その時間には大学に来るように電話しました。

その後は、またKさんに付き合ってもらい、ゆっくりとおしゃべりをしました。いや、本当に助かった。

こういう時って「自分の体の声を聞きなさい」といったJ先生のお言葉よみがえる。 そうね、こんなに楽しい思いをしてついついはしゃいでいき過ぎることもあるかもしれない。でも、じっくりと自分の体の声に耳を傾けると、何が出来て何が出来ないって言うことはよく分かるんだと思う。

本当は、初めにJ先生が
「大丈夫、出来るだけ普通に暮らして。公共の場に行きたいと思ったら行きなさい。」
と,仰った時に
(え~?でもブログとか読むと「あまり人の多い所へは行かない様に。」とか「~~はダメとお医者様に言われた」とかって書いてあるのに~???)
と内心思ったものです。でも、『~~はダメ』と思い込んでもいけないんだなあ~って、今回の旅行で思いました。だってFECの「赤い奴」を受けていたってこんなに楽しめるんだもの。(ちなみにね、看護婦さんは「人の多い所へいかない様に」と言っていました。)

QOLってよく言うけれど、副作用があるということに捕われて引き込もるのと、副作用があるという認識を持って行動するのは違うのかもしれない。。。なんて漠然と思う。

ただ、自分が健康体とも勘違いしない方が良い。絶対に体に負担はかかっているんだから。それはきちんと把握する。そして出来ることを出来るだけ、その中で楽しいことを沢山見つける。それが一番なんだなって思いました。

さて、旦那と子供達は隣のハイルブロンという街までいってお城と隣にある動物園に行ったんだって音楽の都に来てまで動物園。。。。おまいら、何しに来てんだ

6時頃に皆と合流。旧校舎でコンサートをみました。ただでした~~

初めのバイオリンだけ見損ねたけど、声楽、声楽、ピアノ、バイオリン、声楽、声楽、バイオリン。とバラエティーのあるコンサートでした。これ、みんな学生さんなのかなあ?皆さんお上手。。もちろんこういう方はプロになる様な方なのでしょうねえ。このコンサートでは知り合いのご友人のピアニストの他にもバイオリニストの方が日本人でした。凄いなあ。

帰りがけ、ミラベル庭園(だと思う)にて

画像


ヨーロッパは今の時期は日が落ちるのが遅いのよね。8時近いのにこの明るさ。

ホテルに帰ってご飯を食べました。子供達に振り回されてクタクタの旦那は、ホテルでゆっくりビールを飲みたかったのよね

私の。

画像


子供の(シュニッツル。子供達はこれが大好きになりました!)

画像


旦那はサンドイッチでもう良い、との事。

画像


毎日が天国で良かったねえ、子供達。。。

 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

毎日が天国。。。旅行ってそう思いますよね。でも、癌になった後の初めての旅行。こんな楽しい時間が永遠に続く訳ではないと思うと、ああ生きてるって良いなって改めて思いましたよ。

心の片隅で、子供達がこの瞬間を忘れないで欲しいなって。

母と最後に行った京都旅行。思い出しました。こないだの12月には母はいたのよね。そう思うとちょっと切ないような・・・そんな感じかな。今の私。母から勇気をもらいました。頑張らないとな♪

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ガンダチチ
2011年11月02日 10:15
もう、どの写真もうっとりです~♥
前回の距離のリコメ見て・・・
ギョエーーーΣヽ(゚Д゚○)ノ
すごい距離走ったんですね~♪
それは大移動だったんだろうなぁと思いましたよ~

子供さんたちきっと覚えていてくれますよ~
ワタスも、父親が仕事がとても忙しすぎる人だったけど、幼少期に旅行へ連れて行ってくれた事は覚えてますもん☆
子供さんたちがうらやましいわ~
ワタスもボストンバックに忍び込んで連れてってほしかったわ~(笑)
2011年11月02日 22:51
おお!FEC中にこれだけ動けるなんて凄いです。皮下注射持参の旅、びっくりです~。でも、こうして、いきなり命との対峙を迫られると、ふっとした瞬間に「することが可能なこと」をしておこうと思ったり、今まで当たり前に見過ごしていたことが、愛しい大切なものや時間だな~なんて想いますよね。私も若い頃の自分の旅は「地球の歩き方」(笑)持参のぶらり旅でした。ツアコン時代は、「ドイツロマンチック街道」とか、このウィーンからザルツカンマーグート、ザルツブルグをよくバスツアーしました。ザルツカンマーグートあたりでは「サウンドオヴミュージック」のサントラ盤をかけるのがお約束♪自分がいちばん感動してたりして(笑)
もう10年くらい欧州に行ってないな~。今後の治療費、自分メンテナンス費を考えると、もう行くチャンスはないかも・・・。レポの続き待ってます(^^)/
&現在の治療の様子はいかがですか?
2011年11月03日 10:06
>チチちゃん

そうかあ。チチちゃんのお父様、素敵だね♪
実はさ、私の父は医療関係だったから、患者の心配ばかりしてお盆休みに親の田舎にお墓参りに行く以外は、家族旅行は2回しか行った事ないな。小学校1年と3年の時。
 旦那の父も心臓病で旦那が20代後半で亡くなっているから、小さい時は義母も変わりに働いたりで、とても旅行に行く余裕もなかったそうです。
 だから、家もそんなに行かないのよね。その代わり毎年日本に行っては爺婆のお金を使って(←おいおい)母と温泉とか行ったりしていましたっけ。
 本当は飛行機代だけでお金が無くなってしまうって言うのが本当の理由なんだけどね。はははは。
 チチちゃんと、抜け毛ちゃん達、なんだか本当にバックい入っちゃいそうね (^o^)/
2011年11月03日 10:41
>yannchanさん

>「することが可能なこと」をしておこうと思ったり、今まで当たり前に見過ごしていたことが、愛しい大切なものや時間だな~なんて想いますよね。
↑そうそう!まさに!前に行った時はここまで些細な事に感動しなかったけど、今回の旅行ってとっても新鮮でした。なんかとっても元気になりました♪
今考えると、ほんとFECの後でよくやったなあって。でも、写真が多いから凄く観光した感じがするけど、時間的には毎日、車の中で寝ているとか休んでいる時間もありました。(ウィーンだけは1日、まわったけど。。。。)
 yannchanさんも凄いなあ。ぶらり旅が出来るって旅慣れしていないと出来ないんですよね。旦那と旅する前は、学校のツアーとか出張のついでに旅慣れしている先輩について行くとか、人任せな私ですf^_^);
 いつかまた行けますよ。私も元気になったら日本の温泉に行くんだ~♪実は温泉好きで~す♡
 今日はタキソールの9回目(/12回)でしたよ~。点滴しながらmixiに日記書いていました~。おいおいアップして行きます~!ウィークリーは段々貯まっていく感じです。
yannchanさんはタキソテールだったんですものね。同じ系統でも微妙に違うんだもんなあ。。。
 でも、後少しって思うと、寂しい様な(え?)嬉しい様な。。。f^=^)

この記事へのトラックバック