FEC 1回目の副作用(2週目)と2回目の血液検査

詳しい副作用などなど。メモ&日記 (6/16~21)

心臓に負担がかかっているのか、少し締め付けられるようなドキドキ感がある。大した事は無いが、良く息切れがする。体力が無い。歩くだけで一仕事。


月曜日は少しフラフラする。良く眠れる。血管を薬が巡る感じはないけれど、作用があるのか右手にあったアトピーが綺麗になる。

下痢気味。大して問題ない程度。これは抗がん剤のせいなのか?それとも吐き気止めの薬のせいなのか?それとも単に自分が日頃飲まない量の水分(2l/1日)を取っているからかは分からない。

月曜日はうんと寝る。

火曜日は血液検査の日。

詳細は前記事に書いてあるが、
後で出た血液検査の結果が

Hb: 13.3   正常値  12~16g/dl
Wbc: 1.5   正常値 (3,300) 4000~8000個/ul
Neut: 0.3    正常値  49.5~76.5%
Plat: 141   正常値 15.5~36.5 

でした。 血液の事はよくわからないけれど、取りあえずネットで調べてみる。

Hbはヘモグロビン(血液1dl中に含まれているHbの量)
*ヘモグロビンとは赤血球中に存在するたんぱく質で酸素を運搬する役割をはたしている

正常値
男性: 14~18g/dl
女性: 12~16g/dl

Wbcは血液中の白血球の数

正常値
4000~8000個/ul

Neutは好中球。主に炎症性の疾患の際に上昇します。

正常値
49.5~76.5%

PlatはPlateで血小板なのかしら?それなら「出血をしたとき血が出るのを止める役割を担っている。また、動脈硬化で血管が細くなったところに、血栓をつくってしまうのも血小板が原因。」と書いてありました。

正常値
15.5~36.5 x万/μL
または 15~40万個/mm3

との事。これが正しいのか間違っているのかは定かではないけど・・・。

白血球が少ないらしい。なので、また注射を処方される。

注射の名前は
Neupogen (Filgrastim ) 30muX3本

良くある副作用は
嘔吐、骨の痛み(腰痛とも先生は言っていた)

注射を病院で12:38ぐらいに打ち

水曜日は1:10頃打ち。

木曜日は12:50頃打つ。

この間はまた良く寝た午前中とか良く寝ました。睡眠を良く取っているせいか注射のせいか、少しずつフラフラ、クラクラは良くはなっている。

そんな時にもキッチンの掃除とか出来たので本当に体が回復して来ているのが分かります。

しかし木曜の朝ぐらいから注射の副作用の腰の痛みを伴う(別に激痛ではない)

火曜の夜から(注射を打つことになったので)新しく処方された抗生物質を飲む。7日間続けて休まず飲むことを言い渡されました。

薬は
Flucloxacillin Capsules BP 500mg

副作用としては
下痢、胃のむかつき、嘔吐、数日でなれるはず。

レアな副作用もあるらしいけど今の所は無しです。

良く眠れば大丈夫かな?って感じです。

今日は旦那が疲れて来ているのが分かった。ごめんね。これからは家事とか少しします。出張に行けずに困っているみたいです。

子供達もゴメンね。心配をかけているね。頑張るからね。

追加:

3回目の注射の後に注射の副作用が出て来た。背中がゾクゾク。風邪の引きはじめみたいな感じ。まさにお医者さんが言っていた通り。でも大した事は無いんだけど。

と、思ったら木曜の夕方には腰が痛くてパラセタモを2錠飲むぐらい。他にも骨っぽい所でぞわぞわ感。

体温は先週は低めに思ったし、昨日は少し高め36.8度、今日はまた低めで35、9度

木曜なんて娘は友達の家に行ったので、私は家でパジャマのまんま1日寝ていました。

金曜の朝は35度

で、金曜に2回目の血液検査がありました。

この日は、まずはオンコロジーセンターに行って13:30に血液検査。検査の結果が出る間に、J & E病院に行って6週間検診でK先生にあいました。(って本当はポート手術のとき以来なんだけど)

看護婦さんのCとK(この看護婦さんは入院中にお世話になりました)なんかもいて、楽しく話をしました。(って洋服脱いでいる時とかなんだけど)モチロン、皆さんにカツラもショートも見せて色んな楽しい話をしていました。

ところで私の手術の跡なんだけど、もう先生の症例の中では本当に綺麗に切れた症例らしいの。(ラッキーだわねえ)先生は傷口のチェック、反対の胸のチェック(しこりよ)などをしながらも、しきりと「うん、これはいい出来だ。自分でもそう思う。」と、しきりに仰っていて、「写真を撮ってもいいかい?」と仰るので「ドーゾ、ドーゾ」と言うことで、記念撮影(?)

おお!もしかして『症例』とか言って学会雑誌に載ったりして(なんちゃって)

先生と「次のチェックは3ヶ月後。キーモが終わったら、もしかしたら放射線治療。その後に再建手術の話はしましょうね。」と話して部屋をでました。

再建?え~?それはでないよ。保険からは。

際限なくする事があるってことはそれだけお金がかかるってことよね

(追記)ところで、私の受けた手術は『日本で開発されたもの』と以前書きましたが、私が以前調べた時には初期の人の温存手術の事がヒットしました。最近Mr.Kにお会いして、その話しをすると
「いや?全摘でも内視鏡手術をしているはずだけど?」
と言っていました。調べ直すと出てきました。こんな立派なお胸ではないけど、今の私の胸は写真の上記の方(再建前)の状態です。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_18/onzn03/index.html

それから折り返りでオンコロジーセンターへ。なぜかこの日は途中の道路が警察によって所々閉鎖されていました。でも結果を聞きにいかなきゃいけないから仕方なく。

オンコロジーセンターに戻ると看護士さんが来て
「今日の血液検査は大丈夫。貴女の見た目も元気そうだし、問題無し」との事。
「なんか、さっきの看護士Jさん?この後、私は看護婦さんと話をするって行っていたんだけど?」
「え?ボクのこと。ボクは看護士」
「ああ!(男の人だったのか。てっきり女の人かと思った)」
英語・・・相変わらずです(爆)

そして後は恐怖のお支払い前回、3本も1000ポンドを持って帰ったからなあ~~と、非常にビビっていたんだけど・・・・。

注射は実は一本87ポンドだって。。。は~~~~~~~~~、良かった

Kさん、脅したな~~~(ってもしかして量が違ったのかもしれないけどね。全体量で1000ポンドぐらいはかかるかもしれないし)

でもホッとしました。。。。


前と違って全く正常。良かった良かった。

Hb: 12.4   正常値  12~16g/dl
Wbc: 12.2   正常値 (3,300) 4000~8000個/ul
Neut: 9.1 正常値  49.5~76.5%
Plat: 139 正常値 15.5~36.5 x万/μL 

金曜日の午後から体が正常に戻る。白血球が戻るとこうも普通になるのかとビックリ。本当に元気。
人間の体って神秘です。

この日、帰ってから本当に元気になりました。副作用の腰の痛みも無くなって、「元気100倍アンパンマン」って感じです。(古っ!)

白血球って元気の元だったのね~~~。ビックリよ~~(ノ´▽`)ノ

金曜の夜は寿司の為に沢山働きました白血球、万歳(^з^)-☆Chu!! 

人間の体って神秘です。ちゃんと回復に向かって自然と頑張っているのね(ノ^^)八(^^ )ノ

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

初めてのFEC、副作用がまだ読めずにいました。

今になってみるとタキソールよりはFECの方が副作用にパターンがあり、掴みやすいっていうか?(≧▽≦)
でも今の時代、注射だの薬で随分と副作用は改善されているのでしょうね。


ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック