うめの乳癌日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 突然に。。。。

<<   作成日時 : 2013/10/02 07:31   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

9/27の金曜日に旦那が入院しました。

ここ暫く疲れた感じがしていました。今までなら12時過ぎまで起きていました。でも最近はコンピューターの前でうたた寝をするし、12時前には寝る様になってしまいました。

先週は姉夫婦が来ていました。姉も旅行をして癒されたと思います。姉や義兄さんとも楽しく過ごしました。

月曜日は姉夫婦をヒースローに送り、その後は学校に行ったりと忙しくしていました。そして火曜日ぐらいから旦那が「なんだか具合が悪い」と言いはじめたのです。「風邪かな〜?」って。

水曜日、帰ってきてから随分疲れて見えたので早めに寝てもらいました。そして木曜日は会社関係のお客さんとのアポイントメントがあると言うので朝一では起きられなかったのですがそれでも午前中に出かけました。

帰ってくると本当に疲れていました。
「ねえ、大丈夫???どうしたの?????お医者さん行こうよ!」
「大丈夫だよ、風邪で疲れているから。今日は早く寝る。」

そう言う話になってたったと寝てしまいました。

金曜日、相当疲れているんだと思って寝かせておきました。この日はゲーナが朝「お腹が痛ーい」とか言うので2人を学校に車で連れて行きました。

帰ってきてから今度は土曜教室の為の買い出しに行きました。普通の時は私の体を気遣って(ジュースとかかなり重い)家にいる時は付いてきてくれる優しい人なので、この日もきっと「手伝うよ」って言うと思いました。なので旦那は起きたんだけどあえて1人で車で出て電話をかけました。「貴方はちゃんと寝ていなきゃ駄目よ!!」って。

一軒のお店の買い物が終わり、次に向かう時にゲーナから電話がありました。

「保健室に入るんだけどさー。まだお腹が痛いー。でも筋肉痛かなー?なんかじっとしていると大丈夫なのー。どうしたら良い〜?」
「どうしたもこうしたも自分で考えなさい。お母さんが迎えに行くのは構わないんだけどさ、アンタ、授業をミスしてもお父さんもお母さんも教えてあげられないよ。勿論うんと酷いなら喜んで迎えに行くけど、その分勉強が遅れるって分かっているよねえ???良いの?GCSEなんでしょう?」って言うと
「うーん。じゃ、頑張ってみるかなー。」
「そうしな。それでまだ痛いなら、もう一回保健室に行けば良いじゃない?それで電話くれれば迎えに行くから。それに今日は迎えに行ってあげるよ、授業が終わったらさ。」

ところが途中で具合の悪いはずの旦那がバスでゲーナを迎えに行こうとしていました。電話で「お願い!家に帰って休んで!!」って言って急いで買い出しを済ませました。

買い物を済ませて帰ってみると旦那は帰っていました。

前に比べたら睡眠もよく取っているはずだし、風邪だったとしても少しは良くなるんじゃないかと期待していたのですが、いつになっても元気になるどころかぼーっとしてしまって疲れて何か聞いても上の空な事が多いのです。本当に疲れていると言う感じでした。

真面目に「どうしたの?大丈夫?」って聞くとどうやら本当に原因が分からないらしいんです。すぐにGPに電話をしたんだけれど本人はハッキリ症状は言わずに「具合が悪い」と漠然と言ったので「月曜日の午後になります」と言われました。「今すぐにお医者さんに見てもらいたいんだけど、どこに行けば良いのか?」と言うと「ウォーキングセンターに行ってください」と言われました。

ゲーナを迎えに行かなくてはならなかったので、それが終わったらすぐに病院に行く事にしました。金曜日はパンダは1時間早く終わります。でも友人がお嬢さんをお迎えに行くついでにいつも家に落としてくれるの。

パンダは家に帰っていました。ゲーナもピックアップして帰ってから旦那を連れて病院へ直行。待つ事1時間。初めの看護婦さんとの問診でも旦那が見栄を張ってなのか元気な振りをしてはっきり言わないので私がかなり疲れていると言う事を言いました。(どうしてこう言う時に見栄を張るんだろうか!?)

いざ先生が来ると動体視力などの検査や皮膚の感覚があると言うだけで追い返されそうになりました。
「ここには設備はないから何も出来ない」と。暗に別の日にGPに予約を取って行ってくださいと言う事なんだと思う。「実はねー、普通の救急病院はGPがすぐに患者を送るとGPを怒るんだよねー。だからGPはみーんなこのウォークインに送って来るんだよねー。」

私はポロポロ泣き出して「絶対に主人はおかしいです。こんなに疲れきっちゃって本当におかしいですよ!!これ、もしも脳溢血とかだったらどうするんですかぁ!!!」と半ば怒鳴りながら言うと、お医者さんも「分かった分かった」と言ってもう少しきちんと見てくれました。段々見栄を張っていた旦那も限界が来たのか、かなり疲れてしまいぼーっとした態度になっていきました。血圧ももの凄く高い。先生の顔色が変わりました。

「ごめん、僕が間違っていた。これはまずい。今すぐ救急車を呼ぶから。」
そう言って血圧専門家のいる病院の先生に電話をかけてくれました。本当はウォークインの先生に病院を決める権限はないんだそうです。でもこうやって話を付けたと言えば救急隊員がそこに連れて行ってくれるんだそうです。

救急隊員が来たらちょっと説明をして私は車でその救急病院まで車を飛ばしました。こんなにおかしいのに旦那はまるでなんにもなかったかの様な対応。

さっきまでは自分が具合が悪い事をなるべく隠していた様に見えたのに、今度はかなり投げやりになってきて何か聞かれても「分かんないや」とあっさり投げ出す始末。

かなり恐ろしくなりました。

病院に着いてもかなり待たされました。その間に血圧も測っていたのですが、250、260,266。。。。。もう恐ろしくて恐ろしくて。

待っている間「大丈夫?」と聞くと「疲れたー。」「どういう風に疲れたの?」「何もかも。なんかもうどうでもいい。」「そんなー、まさか人生に疲れたって事?」と聞くとあっさり「そう。」と一言。

涙が出て止まらなかった。そんな私を見て「大丈夫、大丈夫。」って。

隣にはひくついている30代の女性が運ばれてきました。あれ、絶対脳溢血だわ。どうしよう!旦那もあんなになっちゃうのかしら?

かなり重体のお婆ちゃんも運ばれてたし、酸素マスクをつけた男の人も運ばれてきて。。。。。不安は募る一方でした。

来る医者、来る看護婦さんをせっついて「なんとかしてください!このままだったらストローク(脳卒中、脳梗塞)になっちゃう!!」

結局、点滴で薬を入れて血圧を下げることにし、血管にホースを入れて点滴をはじめました。少しずつ下げないと危険だからと言うので。

8時頃から待つ事12時までかかってやっとCTスキャンも撮り胸部レントゲンも撮りました。

それから病室に運ばれ、とにかく入院する事が出来ました。そうして12時過ぎにやっと家に帰りました。

あふれる涙を拭いながら運転してなんとか家にたどり着きました。

なんで旦那まで。。。。
そして脳卒中にならないで良かったと言う思い。
それでもこのままいい薬が見つからなくて血圧がまた異常に上がったらどうしようという不安。
英語も出来ずに働けない自分の事を考えると、このまま路頭に迷うのだろうか?
だけど生きていてくれる事、体への支障が今の所は見つかっていないと言う事、少し無気力になってもいいから意識がある事にも感謝したり。

振り返るとこの2年、本当に良く尽くしてくれました。私の闘病を支えてくれたのは旦那です。

夏休み、やっと色んな事も吹っ切れて鬱も治りかけて、さあこれから新しい人生をと言う気持ちになったのに。。。これから家を片付けるぞ!って張り切っていたのに。

そこで又、落とされた感じ。

旦那が「人生に疲れたの?」の問いに「うん」と言ったのは私が負担をかけたからなのだろうか?

私がいけないのだろうか?私は一体何をしたからここまで罰せられるのだろうか?

今までの事だけでもToo muchだと思うのに、これ以上何をしろと。

それでも身体的な後遺症が残るような重度な状態ではない事に感謝したい。そこにいて愛してると言ってくれて抱きしめてくれるだけでいい。

私は旦那を愛している。家族がお互いに愛し合える事が一番人生で大事な事なんだと思いました。

旦那の姪っ子が土曜日に飛んで来てくれました。日曜日も子供の面倒を見てくれたし、子供達も自立しつつあります。

果敢にもパンダはチャーハンにチャレンジ。ゲーナは私が下ごしらえしたキャセロールを焦がしまくり。。。。OMG!

昨日はご飯の用意をして,必要な事をしてから昼頃に病院について後は9時半までいました。

少しずつ良くなるだろうとの事。今は血圧を下げる事が最優先。いまのところ130〜160までには下がりました。(でもその後また上り下がりしていますが)

本人はまだいつもの様な生気もないかの様に見えますが、CTの結果は脳溢血、脳血栓はなし。でも長期の高血圧のせいでぼーっとしているとの事です。

今日は10時から8時半まで付き添いです。子供達も自分でやってくれています。今日はMRI、スキャン、レントゲンを撮りました。お医者樣方(こっちはチームなんです)は原因が分からないので(だって処方された薬は飲んでいたんですもの。)トコトン検査をするそうです。腎臓も心臓も調べるそうです。

これからどうなるんだろう。。。。このまま薬が効かなかったら?錠剤になったらまた知らず知らずのうちに血圧が上がって同じ様な事が起こるのではないかと言う不安。その時に脳内の血管に傷でも付いたら!!!ひくついていたお隣の患者さんを思い出す度に震える思いです。

神様、どうか旦那が良くなります様に。。。

今までは自分が看病される側でした。今度は旦那の為に尽くさないとと思います。正直、これが悪夢で明日起きたら元の生活に戻っていると言いなと思いながら夜を迎えているのですが。。。。

ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
大丈夫!遠くにいるけど、
うめちゅうさんのことも
ファミリーのことも見守ってます。
祈ってる。
yayachan
2013/10/02 21:21
うめちゅう、自分も無理しないでね!!!
頑張っている姿が目に浮かぶよーーー!!
旦那様、無事ご帰宅することお祈りしております!!!
ユメ
2013/10/02 23:58
こんばんは。
ご主人の一日も早く良くなることを
遠方より祈っています。
私のツレもお盆に食道がんの手術を受けました
今は食事のリハビリをしています
心細い事もあるでしょうが
皆が応援しています。
じゅん8008
2013/10/03 21:28
遠くから祈っているよ。
旦那様の回復、うめちゅうさんの愛する方々の平穏をね!
無理しないでね!
ぴこるる
2013/10/06 20:12
コメントは残さなくてもうめちゅうさんのことを
応援してる人はたくさんいます。以前わたしが
そうだったように。
うめちゅうさん、しっかりね。
旦那さまの一日も早い回復願っています。
タマラ
2013/10/10 05:21
旦那様、はやくよくなりますように。
なにかわたしにできることがあったら、遠慮なくいってね!
ゆき
2013/11/17 04:04
>yannchan
メッセージもありがとう!ブログ放置でごめんよ〜。お蔭様で旦那は回復しています。
yannchanも2クール目、お疲れさまでした!少しゆっくりしてね!
うめちゅう
2013/12/27 03:39
>ユメちゃん

ご心配かけました!無事帰宅!挫けずに頑張ってるよ!
ユメちゃんもモヤモヤの会でホントに頑張ってるよね。。とっても良い事だと思う♡引き続き頑張ってね!
うめちゅう
2013/12/27 08:09
>じゅん8008さん
ご無沙汰しております。エールをどうもありがとうございました。じゅんさんの旦那様も無事お仕事復帰されたようで、御目出度うございます。
じゅんさんも看護が大変だった事でしょう。どうかゆっくりと年末年始をお過ごしくださいね。
うめちゅう
2013/12/27 08:19
>ぴこるるさん
ご心配かけました〜。忙しくてネット出来なかった。疲れて寝ちゃう日が多くてさ。
ぴこるるさんみたいに働いている人がとっても偉いと思います!私も頑張るよ!今回、何度「ぴこるるさんみたいに私も看護婦だったらなあ〜」と思った事か!人の看護は大変だね!看護婦さんって凄いよ、と改めて思いました。頑張ってね!
うめちゅう
2013/12/27 08:20
>タマラさん
お返事が遅くなってゴメンなさいね。エールをどうもありがとう!ご心配をかけました。
お蔭様で旦那もどんどん回復しています。失った物を悔やむよりも、少しずつ出来る様になっている事を喜んで、毎日リハビリしていますよ!
人生、毎日が勉強ですね。これを書いた時は結構精神的にも一杯一杯だったけど、必ず悪い事の後には良いこともある。それが嬉しいです。UP出来ずにみなさんにご心配かけちゃったのはちょっと反省ですが、とにかく元気に忙しく生活していますよ!本当にありがとう!
うめちゅう
2013/12/27 08:32
>ゆきちゃん

本当にご無沙汰です!元気?
またおしゃべりしたいと何か企画しようと思った矢先だったので残念だわ。。。皆さんお仕事もしている方もいるので、少し落ち着いたらパブメシでもみんなで行きましょうかね〜!(でももうちょっと待ってね〜〜〜!)
旦那も元気になってきたよ!心配かけてごめんね!
うめちゅう
2013/12/27 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
突然に。。。。 うめの乳癌日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる