うめの乳癌日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カウンセリング ー 鬱の出口

<<   作成日時 : 2013/06/18 08:09   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 7

ご無沙汰です。ちゃんと鬱だった時の話を書かないとと思いつつ・・・日常生活が忙しくなってつい、更新が滞っていました。私は元気です!

そして・・・カウンセリング

さて四十九日の後の話です。

日本に居たたった4日の間にも、喧嘩・・・っていうか私が1人で怒っていました。
だってさ、日本に行く前に少し旦那との関係が良くなったとは言え、こっちはかなり密なスケジュールな上に、夜は実家の荷物の整理(姉ばかりにやらせているので出来る荷物の整理は少しずつしました。)で睡眠不足な毎日。こういう時に時差があるんだから起こしてくれればいいじゃない?ところが、イギリスが朝になって、昼になっても電話さえない。。。。

怒ると「家の片付けをしている」「子供の世話をしている」等を理由にするの。

「ラインでスタンプぐらい送れるだろうが!!」とぶち切れていました。ハイ。

普通の人からすれば、いや、普通の神経からすれば「いいじゃん、片付けしてくれているんだし、子供の面倒を見る為に家で仕事をしてくれているんだからありがたいと思わなきゃ」と思うはずです。

でもねー・・・その時はそうは思えなかったんだよねー。

自分で振り返ってもまあ,自分の事で手一杯だったって事ですかねえ?とにかく、あの時は「私」に電話さえしないということ=家族として、伴侶として必要ともされていない・・・なんて気持ちになってしまっていたんだと思う。

本当に鬱って怖いね。普通の時には普通の事が、普通に捉えられない精神状態だったんだなあと,今思います。正常な状態に精神が戻ると、なんであんな風に考えが行ったのかが分からないんだもの。

子供達の反応でさえ「お母さん、良いじゃん、そんな事」なんてでも言われると、心の中で”子供達も私を疎ましいと思っている。子供達にも愛されていない”なんて所まで考えが及んでしまうのよ〜〜〜〜((((((ノ゚听)ノ

恐るべし、鬱!!

さて、日本から帰ってくると家族で迎えに来てくれました。車の中でも子供の前でもけんか腰。(私が、ね。)とにかく謝る旦那でした。。。。。

でもね、もしかして後で振り返ると、四十九日と納骨を終えて、もしかしたら少しだけ心が落ち着いたのかもしれない。

それから暫く、やはり心が弱っていて、つい泣いたりする事も多かったんです。でもね、そこで旦那がしてくれた事がありました。

家で仕事をしてくれたのです。側にいて、とにかく私が不安にならない様に。

目の前に旦那がいなくなると、何かしらの不安、また何かウソをつけれるのではないか?という不安。とにかく不安。

イライラしたり、泣き出したり。。。

そして、とにかく泣き出したら大丈夫だよと安心させてくれる。

会社でする事がある時は一緒に会社の近くに行き、近所の茶店で私が待つ。そこで私は出来る事(コンピューターで学食の会計報告の打ち込みとかね)をするとかね。

とにかく私が不安にならない様にと,とにかく努力をしてくれたのでした。

段々、少しずつ、ウソをつかれているんじゃないだろうかという不安が薄れていきました。勿論、全部の不安が無くなった訳ではありません。

でも、少しずつ心が健康になっていきました。本当に旦那には感謝しています。

更に、人生で初めて『カウンセリング』なるものに行きました。

Dr.Gは心理学者。はじめは私1人で受けなくてはなりませんでした。

私はカウンセリングって初めてだったんだけどね、自分でもビックリするぐらい涙もろかった。

はじめに2年前に母が亡くなった事から話し始めました。
今まで強がっていた部分があったんだろうな。実はのっけから涙があふれてきました。こんなにも母を亡くして悲しかったのかと思う程、その時の気持ちがフラッシュバックしてきました。そして告知された事、全摘、抗がん剤、放射線、卵巣摘出、再建手術、そして失敗で全摘。

その後すぐにパンダの受験。息つく暇もなかった。

「ああ、パンダの受験が終わったら、やっと父に孫の顔を見せにいけるなあ。久しぶりだなあ、日本。」なんて漠然と思っている矢先に父に旅立たれた事。

そして旦那のウソが許せなかった事。

全部泣きながら話しました。一体どれだけティッシュを使って鼻をかんだかしらねえ(笑)

面白い事にDr.Gは昔の話も聞き出すの。こっちに来た時の話とか。それで今になって思うんだけど、もしかして妊娠して不安定な状態でこっちに来た時も・・・もしかしてマタニティーブルーだった???

G先生は「その時にカウンセリングは受けましたか?」って。
「いいえ、そんな事考えても見なかった。」

そう、日本ではカウンセリングなんて気軽に受けるものじゃないよねえ?

1時間なんてあっという間でした。こうやって話を聞いてもらうだけでなんだかスッキリするのね。人に話す事によって、自分ももっと自分で話を整理するしね。

次回は癌患者を支えてきた旦那の方からも話を聞きたいという事なので、アポイントを取る事になりました。でも忙しくてなかなか時間が取れずにいるのですが。。。

で、今現在はG先生とはメールでやり取りです。こちらの近況などを報告して。

この日は友人が来たのだけれど、なんだかとっても疲れてしまって9時ぐらいにはもう眠くなってしまいました。でもね、なんでだか分からないけど次の日から、心がとっても軽くなりました。

カウンセリングって本当に役に立つんだな。泣くとスッキリするのかな?きっと誰かに聞いてもらって「大変だったね」って言ってもらいたかったのかもしれない。。。もっと気軽に行けばよかった〜♪

と、こんな風に少しずつ回復しています。ただ、鬱だった時って本当になんにもしたくなくてぼーっとする事が多かったので家の中が豚小屋で〜〜す。

これから夏休みには家の掃除を頑張ります。と言っても掃除が苦手なの、私!義母に
「なんだかず〜〜〜っとそういっているわよねえ」って笑われています。

こんな事があって、家族の時間がもっと大切になりました。今はこっちは年度末。パンダは小学校卒業に向けて、ゲーナも年度末の学校行事が目白押しです。短い夏を楽しまないとね♪

コメントのお返し、遅れていますがゴメンなさいね!明日書きますね!


ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
カウンセリング ー 鬱の出口 うめの乳癌日記/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 06:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
そうだったんだね〜〜
出口が見えてきたみたいでよかったね。
短い間に、大きなライフイベントが多過ぎ!!!だったのかもしれないね。うめちゅうさんだから、ここまで乗り越えられたのかもよ。また、会いたいです!!!
ユメ
2013/06/18 08:31
ご無沙汰です。
なんか自分の不安定な気持ちと同じようなところもあって、勝手に共感…。
よく乗り切ったと思います。
ここ数年が一番しんどかったのだろうけれど、やっぱり結婚して異国に住み、出産して生活していく…自分が感じてるより大変なことと思います。Dr.が昔の話も聞き出すのも何だか納得です。
吐き出して前に向かってるうめちゅうさん、またお会いできる日を楽しみに、私もやる気出さなきゃ。
まだまだくすぶってるんです私、なんにもやる気がないの…ダメですね。
れんこん
2013/06/19 12:23
マタイ24様
申し訳ございません。これは乳癌のブログなので、宗教の宣伝の様なコメントは削除させていただきます。
カテゴリーが違うと思いますので、どうか宗教の方のカテゴリーをお探しになった方が良いかと思います。
うめちゅう
2013/06/20 04:55
>ユメちゃん

ご無沙汰で〜〜す。いや、単に忙しかったんだけどさ。元気にしていますよ!

でもこうやって自分を振り返ってみると、やっぱり精神的な事をケアーする事は乳癌患者に取ってはとっても大事な事だと思う。ユメちゃんのやっている事はとっても大事な事だと思うよ!これからも頑張ってね!応援しています!!
うめちゅう
2013/06/20 04:59
>れんこんさん

ご無沙汰で〜〜す!元気なのよ、今は!本当に忙しいだけなんだ。たまにコンピューターのゲームさえ出来ない事があるぐらい(≧▽≦)

私だけじゃなく、みんな同じ思いだよね。乳癌の事もそうだけど、それ以外だって沢山の事が起こっているんだものね。良い時ばかりじゃないのは分かっているんだけど、凹んでしまう時もあるんだよね。

れんこんさん、私もやる気が出ないよ〜。特に掃除ヽ(;´ω`)ノ(←オイ!って自分で突っ込みたくなる)
でもね、無理せずに「汚くても生きて行ける!」とか思ってうっちゃっておいています。そうすると、自然とある時に「そうじしようかな〜?」なんて気が向いたりするんだよね。

昨日は掃除しなきゃ行けない状況で1日かけて掃除したので(ゲーナの部屋!!凄かった!!)今日は1日ルーシーの散歩やお友達とランチとかさ。。。。

そんな感じでお互い少しずつ頑張ろうね〜〜!ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
うめちゅう
2013/06/20 05:07
わたし、乳がん治療中カウンセリング毎週4ヶ月ほど受けていたけど、カウンセラーがいなかったら、のりこえられなかったかも。あのとききちんといろいろ吐き出しておいてよかったなと今になっておもえるもの。心が軽くなるよね。文章からも元気になっているのが感じられるよ。夏休みあえるといいな!
ゆき
2013/06/26 07:00
>ゆきちゃん

お久〜!本当に昨日まで忙しかったし、今週、来週は学校の年度末で大変な騒ぎです!

カウンセリングって大事ね!まだまだ受けたいと思うんだけど、忙しくって時間が取れないよぉ!

NHSって押さえる所は押さえているよね。。。あのさ、パンダの外反母趾とかゲーナの滲出性中耳炎とか、後は歯科矯正とか命に関わらない事だとあり得ないぐらいのろいのよ、NHS!!!

でもやる時はやるよね、NHS!

ああ!早くオフ会をしなければ!!
うめちゅう
2013/07/08 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウンセリング ー 鬱の出口 うめの乳癌日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる