うめの乳癌日記

アクセスカウンタ

zoom RSS あと1週間か2週間で・・・・

<<   作成日時 : 2013/02/13 00:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

この所、忙しい日々が続いていました。日常に流されてあれよあれよと時間が流れている感じ。
そんな中、精神的にはアップダウンの繰り返し。元気な時は非常に元気。でもやたら落ち込む時は落ち込む。でも家族の支えもあり楽しく暮らしている所でした。

そろそろ「イギリスのロンドン近郊でオフ会でもしようかな?」「ハーフタームにはメダイの教会にでも行ってみようかな?」なんて考えていた所でした。

先週の土曜日に父が入院しました。

その時点では
「前と一緒でしょう」とサラッと言っていた姉でした。

父は去年の9月に一度入院しています。退院する時に鼻からチューブで酸素を送り込む装置を使いませんかとお医者さんに勧められた父ですが、格好付けたがる父なので断ったそうです。ボソッと先生が「ああ、でもつけないと心臓に負担がかかるんだよね。」と漏らしていたと。

今回入院したあとで病院から姉に電話があったんだそうです。

父は小さい頃、結核をやっています。年を取って今、それが再発しています。でもね、それは命に別状がある様な物ではないんだって。それよりも、今回は肺炎を起こしているんだそうです。そして抗生物質が効かないらしく、熱が下がらないんだそうです。

普通なら鼻から酸素を入れるんだそうなんだけど・・・父は今はやめたとは言え若い頃から40年間、かなりのヘビースモーカーだったんです。だから機能していない肺胞も多いとの事。

もしもこのまま抗生物質が効かなかったら、老人なので肺炎と言えどもとても危険なんだそうです。この2週間が山で、最悪は死に至る状態になる事も覚悟してくださいという電話の内容だったそうです。

そして昨夜、姉から夜中に電話がありました。切り替わってしまった留守電から
「おとうちゃん、今晩が山かもしれない。覚悟しといてね。それだけだから。」
という声が聞こえてきました。

ああ。

朝になって姉に電話をしてみる。姉は「今さっきまで付き添っていたの。家に帰ったら電話するよ。」と電話を切りました。

しばらくして電話が鳴りました。

父はもう長くないらしい。多分、この1週間。2週間で弱っていくだろうと先生の方には言われたんだそうです。

今回、救急車に乗った時は座骨神経痛が痛むっていう話だったの。姉も救急車に乗る前にスタスタとトイレに行く父を見て「なあんだ、大したことないじゃん」と思っていたそうです。
しかし、痛みの原因は座骨神経痛ではなかった。その時は「いつもは右側が痛むのに、今日は左側が痛い」と言っていたけど、肺にある悪い菌が肺の下の方に下がった所だったのだろうとお医者様が言ったそうです。

今現在、右肺は膿で覆われているそうだ。どうしても延命治癒させるとしたら、右側にドレーンパイプをつけて膿を出し、反対側から水を入れるという処置をするのだけど・・・。40代50代でもその病院では回復したのはたった2人だったそうだ。父の場合、針を刺した時点でショック死する可能性も高いそうです。そう、もう延命治療をするだけの体力が患者側には無いと言う事なんだろうな。

姉には
「あのさ、母ちゃんの時みたいに『生きているうちにどうしても会いたい』って言う訳じゃないでしょう?アンタも。飛行機を何回も取るのはお金がかかるからねえ。今来てもいつそうなるかは分からないからね。。。」

そうなの。もう好きなだけ学校を休める様な年ではない。(パンダは良くてもゲーナは駄目)それに飛行機代もそんなに出せない。前回は生前に会いに行ったときの飛行機代は情けない事に母のお金だったんだもの。時期を選ばずに安いチケットを取るならいざ知らず、日にちを指定して取るチケットは、家族全員で100万円ぐらいにすぐなってしまう。

母の為に1週間でとんぼ返りして日本に帰ったのは、私も自分の癌に気が付く前だった。私達は母の葬式のあとから治療もあり日本に帰っていない。

今回イースターの時期に、本当に久しぶりに父に会いに行こうと思っていたら・・・こんな形になってしまった。私達は実は3/30〜4/10まで日本に行く予定だったのに。

確かに現実的な事を考えると自分に選択の余地はない。父に何かがあった後に、お葬式だの事後処理をしに行くしか無いもの。何回も日本に飛べる程の財力は無いのだ。と言う事は次に父に会うときは、既に父が・・・と言う事になる。

確かに姉の言う通り、母に比べたら父は何でも我を通して来て家族にも影響を与えて来た。仕事の事ばかりで家庭を顧みない人だったから。。。姉の言う事(そこまでして会いにこなくても良いだろうと言う事)も分かる。しかも父の方でもそれどころではなかもしれない。

母の時は、孫の顔を見れば『頑張って生きよう』って気持ちが明らかに母には芽生えていたからだ。私達の飛行機が雪で1週間遅れただけで体調が悪くなり、私達が着いたら京都に日帰り旅行に行ける程、元気になったのだ。でも父は違う。孫も可愛いのだろうけれど、女親の様にそれを生き甲斐にとは出来ないのだ。そんな事では気持ちは上がらないのだ。それどころか「疲れた。もういい。」とか言い出すのが目に見えるようだ。だから姉はこういうのだ。

それでも複雑な気持ちになる。

母の時は『生きているうちに会えるのはこれが最後』と分かっていたし、その時はタクシーの中でわんわん泣いた覚えがある。父とはそう言う時間も無いと言う事だ。やはり少し寂しい。

海外に暮らすってそう言う事なんだろう。覚悟しなくてはならない。ふと、小さい頃に夜に爪を切っていて、母に「そんな事をすると『世を詰める』とか『親の死に目に会えない』って言われているのよ!昼間に切りなさい!」と言われた事を思い出す。私はだから親の死に目に会えないのだろうか。。。と、苦笑。

もう一つは、自分も癌を患っていつも再発と隣り合わせで生きているから、こういう時に思う事は「ああ、私もいつかこうなるんだろうな。」って言う事。それがいつになるか、癌なのか老衰なのかは分からないけど、命の終わりはこうやて来ると言う事を目の前に突きつけられる瞬間なのだ。。。。

そんな訳で、今年は日本に行くけどまたお葬式の為に行く事になりそうだ。(春に予約を入れた物を変更するつもりだから)この所、精神的にも不安定な日々だったので(タモキシフェンの影響?)かなりショックを受けました。

誰もが通る道だとは分かっているんだけど。それでも辛い物です。なるべくならもう少し頑張って欲しいな。奇蹟が起きて父が回復したら孫達の姿を見せられるのに。お父さん、頑張ってください。


ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です。
先週末息子の受験が終わり、合格通知が届いたので、ご報告をしようと思いお邪魔しましたら、何とも切ない内容で…。日本にいても遠いとなかなか行けそうで行けないのに海外ですものね…親との別れは本当に覚悟をしなければならない年齢になりましたよね。
うめちゅうさんをとっても心配されてたお父様のこと書かれていたブログにジンときたのを思い出しました。
何とか奇跡が起きて欲しいです。(/ _ ; )
れんこん
2013/02/13 02:20
そうなのね〜〜
一番辛いところだね〜〜先日、素晴らしいお父様のお手紙読んだばっかりだったから・・・
うめさん、悔いのないようにしたらいいんじゃないの・・・
とも思うよ。外国に住むとはそういうことかもしれないけど・・・。
実は、私の場合、それほど大好きではない父だったけど、やっぱり死に目には会えなくって…(いろいろ事情あり)それはそれで・・・う〜〜〜ん…、危篤と知っていたら会いに行ったよな〜〜と思った。事故だったので、危篤の時間が短くて・・・死んじゃったから…。
あまり心配し過ぎて、体調崩さないようにね〜。お父さまは、うめちゅうさんに元気でいてほしいのよ!
会う会わないの物差しでは測れないよね。
ササ、何か食べなネ〜〜
ユメ
2013/02/13 22:51
うんうん
いつかは必ず通る道とわかっていても
辛いものは辛い。
心は上手にコントロールできないよ。
でも、お父さんの一番の思いは、ユメちゃん言うように、うめさんが元気であることだと思う。

お父さん、頑張って
奇跡は起きるためにあるのだから。
祈ってます!
ayaya
2013/02/14 06:54
前回、帰国日程のメールを貰って
具体的にどうしようかな〜
みんなの予定とか・・・と
思っていたところ、
お父様のご容態心配ですね。

最悪の懸念もあるかもしれないけれど
最良の結果も期待できるはず。
お父様の回復をお祈りします。
yannchan
2013/02/15 00:27
わたしも、ばたばたしていて最近やっと時間がとれるようになって、うめちゅうさんにあいたいなあとおもっていたのよ。
お父様勝手に、矍鑠で頭のさえたお医者様のイメージがあったので、びっくりしました。同じく海外組として、年老いていく親の一大事と帰国、いつも考えてしまいます。つらいよね。
ゆき
2013/02/15 03:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
あと1週間か2週間で・・・・ うめの乳癌日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる