うめの乳癌日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅ればせながら・・・

<<   作成日時 : 2013/01/07 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

明けまして御目出度うございます。皆さんに取って実り多き2013年であります様に!

あっという間に年末年始が過ぎてしまいました。日本から友人が来ていたので楽しい一時を過ごしました。

31日の夜は友人と芝居を観に行きました。

Privates on Paradeという芝居でした。これは昔、映画だったのかな?

この芝居はこんな話です。

『第二次大戦中のマレーシアを舞台に、ゲイの男性ばかりで構成された英軍部隊「歌と踊りのユニット隊」を描いたコメディー。脚本家ピーター・ニコルズの実体験が基になっている。本作は1977年に初演され、1982年にはモンティ・パイソンの一員ジョン・クリーズの主演で「ゲイ人大尉と兵隊ヤクシャ」という邦題で映画化もされた。シェイクスピア俳優として知られるサイモン・ラッセル・ビールの見事な女装ぶりは必見。』

元の映画はこんな感じ



実際の今回の舞台のトレーラーはこちら。



私はお芝居が好きなんですけど、子供がいるとなかなか行けないのよね。でも友人がいつも来る時に年末に連れ出してくれるんですよ。

コメディーなんだけど、当時の軍隊のことが浮き彫りにされているんだと思います。とても面白かったなあ。

画像


シアターはこんな感じ?大晦日なのに人で賑わっています。

画像


中国人役の役者さんが楽屋から出て来ました。思わず写真を撮っちゃった!

その後は友人とパブで1杯。でも流石に体力なくなったなあ。なので本当に1杯で帰る事にしました。
帰り道、人はどんどん増えて行っているのね。。。実はニューイヤーズ・イヴにはテムズ川で花火があるんです。多くの人が観に行くのね。それで道路も駅も規制されていたんです。

画像


画像


道路もあちこちで閉鎖されている。警官に聞いて遠回りをしてレスタースクエアーの入り口に行くと、他の警官が立っていて「ここは閉鎖です。」って言うので「だって人がいるじゃない?」と聞くと「降りる人だけなんだ。別の駅まで歩いて」

「Do I have to????」って思いっきり聞いちゃったよ。でも仕方がない。お巡りさんが言う駅までとことこ歩いたわ。その駅でも閉鎖している入り口があった。なのに立て札も無し。みんな騙されて階段を下りてUターンして登ってくる。 はぁ。。。

その後は地下鉄の中でティーンエイジャーの男の子の集団に出くわす。酔っぱらっているなあ。順番に手すりで懸垂を始める。そこいら辺は意外に健全で笑った。大きな声で順番に数を数えながら。

普通だったら苛つく行動だけど、新年だし、若いし、ふと芝居の1シーンを思い出す。野郎共の会話とでも言うのかなあ?そうね。大学時代、ヘビースモーカーだった私は喫煙所に入り浸っていたから男の子達の会話、良く聞いていたなあ。同じだったわな、私らも。

途中、この地下鉄の線は外に出るので旦那に電話。途中まで迎えに来てくれるとの事。家族で新年を迎えたいからって。子供達も起きて待っているからって。ありがたい事だ。



電車から降りると既に花火があちこちで打ち上げられていました。あ、ゲーナがベビーだった時は良くニューイヤーイブのパーティーに呼ばれていたっけな。両親仮装して,ベビーにも仮装させて12時丁度に庭で花火を打ち上げる。こっちでは皆そんな過ごし方をします。

ニューイヤー1分前になんとか家に到着!テレビの前で皆でシャンパンとコークでHappy New Yearの挨拶!

テレビでは

恒例の花火。

実家の父にSkypeをしたいと姉に言われていたのでその後に姉の所に電話をしました。

元旦は友人が家に来てお昼を食べました。お雑煮、ぶりの照り焼き、蟹ご飯。

そして友人がダブルブッキングしてしまったと言うので、何とチケットを譲ってもらい、元旦にも芝居を観に行ってしまった!!

画像


ナショナルシアターのリトルトンシアターです。『People』です。



この主役はハリーポッターのハグリッドの恋人役のマダム・マクシームを演じていた女優さんです。

こちらは由緒正しき大豪邸に住む姉妹が財産を維持出来なくて妹の方はナショナルトラストと言う団体に寄付をするべきだと言うのだけれで、姉がそれについて葛藤すると言うお話。

思いがけず、芝居を堪能しました♪もっと観に行きたいなあ。帰り道、夜の景色もきれいでした。

画像


画像


さて、2日は久々の検診でした。

疲れて起きれないかな?と心配していたんだけど・・・実は、風邪だったかも。気持ち悪くて吐きそうで朝8時半に起きました。

気持ち悪くて吐きそうなんだけどもう消化しちゃって吐くもんがない。。。。

決して二日酔いではありません。ホント、なんでだろうねえ?かなり気持ち悪かったわ。

でもこういう風邪、流行っていたんです。そう言えばクリスマスの直前もお腹が痛い、胃が痛い風邪でした。熱もない、でも頭痛はちょっとって感じ。

旦那が「どうする?今日は検診はやめておく?」と言うので
「とんでもない!どうしても行きたいわ。最近検診ないから不安な事はみんな聞いておきたいから。」と私。

そうなのよ、お医者さんに行かないとやっぱり不安は不安。

子供を起こして「行ってくるからね」と家に置いて旦那と病院に行きました。触診だけなんだけどね。

さて、久しぶりに行く病院は改装されて受付が綺麗になっていました。受付でK先生の秘書のPに会う。

「あら〜〜Mrs.Ume!!元気ですか〜〜?」
「元気ですよ〜。この間再建手術は失敗しちゃったけどさあ。」
「ああ、聞いたわ。。。可哀想に。」
「大丈夫、大丈夫。命に別状がある訳じゃないから〜」
と話をしていました。

しばらくして看護婦Cさんに呼ばれました。
「久しぶり〜〜!!髪が伸びたわね〜〜素敵よ〜。」
懐かしい顔に会うとホッとする。
K先生とも笑顔で挨拶!

私は自分の病状は逐一写真に撮っていて、ちゃんと携帯に残してあるんだ。K先生もそれは知っているので看護婦Cさんと並んで再建手術前の写真からその後に胸が着いた状態、そしてその後の全摘。更にその後の炎症、抗生物質を飲んだ後の状態と順を追って見せながら説明。

そして本題。実は下の部分で皮膚の一部が痛む時がある事。脇が痛む事がある事、肺の辺りか心臓の辺りか分からないけど痛みがある事がある事を話しました。

痛いのは仕方がないし、考えてみればそんなに簡単に傷が治る訳ないんだから痛くて当たり前なんだけど、問題はそれが何故なのか?って言う事なんです。これがただの術後の痛みなら平気なんだけど、再発だったら嫌だもんな。なんて思っている事を伝える。

早速診ていただく。K先生って触診の時に深刻顔になるので、その表情にビビっていたなあと、ふと思い出しました

最近では検診の合間に冗談なんか言って笑っていますけど。

痛む場所を説明。触診、術側&健側&お腹も触診してくださいます。

着替えながらもCさんとお話。やっぱりお腹を切るって相当ダメージを受けるんだね、って言う話をしました。
さて、K先生と触診後の話。先生は「マンモグラフィーはいつ撮ったっけ?」って言っていたんだけど、キーモブレインで思い出せず。。。書類で見ると4月だったとの事。

今撮っても意味は無いんだろうな。。大体、健側しか出来ないし、痛むのは術側なんだから。

いつも痛い訳でなく、たまにいきなりズキズキするって言う感じなのでそう言うこともあるかなあとは思う。全摘後だってかなり長い間、胸は痛んでいたものね。ただ、気にする様な余裕がなかっただけなのよ、抗がん剤治療をすぐにはじめたから副作用でそれどころではなかったものね。

「痛み自体は大したことないんですよ。FECの副作用に比べたらこんなのなんでもないです。ただ、単に原因が何かと言う事の方が怖いだけなんです。再発じゃないならこんな痛みはなんでもないです。ただそれが心配になるだけです。」
「まあ、診た所なんでもないと思いますよ。今は何の薬を飲んでいますか?」

「タモキシフェンとビタミンDです。骨が弱いので。2年経ったらJ先生はアナストロゾールに変えたいらしいから、今はせっせとミルクやお魚を食べないといけないんです。
 
ところで、色んな人から『カルシウム剤』を取る事を勧められているんですけど・・・それって良いんですか?今の時点で処方はされていないんだけど。。。」

「う〜〜ん。タモキシフェンも骨に影響しているから飲んで悪いことはないと思うけどねえ。。。アナストロゾールになったら、もっと骨に影響が出るからその時は飲まないといけないと思うけどね。。。」

こういう時、先生が数人いると大変だなあとは思う。。。決定権がどこにあるのかは分からないもんな。まあオンコロジストはJ先生なのでJ先生が決める事なんだとは思うんだけど。。。

クリスマス&年末年始中には食生活が乱れていたので(ワインも毎日グラス1〜2杯飲んでしまった。)サッサときちんとした生活にしないとと反省です。もっと野菜を食べて、もっとカルシウムを取らないと。

友人に聞いたら骨は寝ている時に作られるそうなのでミルクは夜に飲んだ方がいいんだってね〜。夜にミルクとかクリームたっぷりのデザート食べていると、ルーシーがおこぼれを貰いたくて寄って来ます。。。。もうルーシーあの缶の生ホイップクリーム。。。なんだか分かっているみたい。。。

あと聞いたのは「健側のリスク」
乳癌になる人は反対側も乳癌になる事もあるのね。それで取ってしまう人もいる。前回K先生と話した時には「再建するときが健側も取ってしまう一つのチャンスです。」と言われたんだけど、その時は癌になっていないのにとっても意味がないなあと、それで手術は嫌だなあと思ったので(それこそサイボーグだもんな)健側を取るつもりはサラサラありませんでした。

ところがNiとハロウィーンの時に話したら、彼女は健側も取って再建は健側だけシリコンにして術側は再建はしないかもと思っているそうです。Niも私と一緒で全摘+放射線なので皮はちゃんと伸びないし異物を拒否すると思うので自家組織しかないんだけど、Niってとっても痩せているの。。。肉がない。。。。

まあNiはおばさんもお姉さんも乳癌だから遺伝が強い(でも検査では出なかった。)から。。。まあそれは妥当な判断なのかもしれない。

この日は私の場合は健側を取った方が良いのか?取らなくても同じぐらいのリスクなのか?を聞きたかったので質問した。

勿論前提は『癌は再発するかもしれない、しないかもしれない。そのリスクは健側の胸にのみならず肺や骨、肝臓に再発する恐れはいつでもつきまとう』と言う事を分かった上での話だ。

K先生の意見は
「遺伝の検査で出なかった事。親族に乳癌か卵巣癌は?という事実に関しては、母が卵巣癌、父のお婆ちゃんがもしかしたら乳癌だったかも?と言うレベルだとしたら、健側の再発リスクはそんなに高くないと思う。今は、体を労って、今までの手術からリカバーする事の方が大切だと思う。」
との事でした。

よかった。そりゃあ健側までとって再建なんて嫌だもの。。。 (いや、それで絶対に再発しないって言うならそりゃあ考えるんだけどね。)

しかし痛みに関しては「Keep an eye on」すると言う事で、次回は3ヶ月後。

その方がありがたい。長い間検診に行かないとそれはそれで不安だものなあ。そんな訳で今回の検診は無事に終わりました。良かった。

再建手術の後で体の変調は?と言うと・・・良い事なんだけどさぁ、お腹の皮が無くなったので、なんていうか・・・伸びしろがない?って言うのかな?

お腹の肉の役割を今更実感しました。体を反る事も出来なくなったけれど、意外にビックリしたのは大量に食べられなくなった事。

昔は「お腹いっぱい」って状態でも後で身体的に食べ過ぎと思っても今程は苦しくなかったもの。内蔵はなんにも変わっていないのに、実際に内蔵の中に食べ物が入っても外に膨らめないっていうのかな?

そうは言いながらもクリスマスと年末年始は普通よりはおいしいお酒もご飯も一杯食べてしまいました。こんな時に都合良く体重計が壊れています。。。。。

今日(6日)は母の命日でした。2年前、母が亡くなって、それから癌にもなって色んな事がありました。あっという間でもあり、ついこないだの事の様でもあり・・・。
母のお陰で早く見つけられたと思っています。2013年も今のこの瞬間を大切に生きて行きたいと思います!今年もよろしくお願いいたします。


ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うめちゅうさん、はじめまして。
たった一度の訪英で、すっかりイギリスファンになってしまって、うめちゅうさんのイギリス便りを楽しみに読ませて頂いてます。
今日のログを読みながら、ロンドンで観たミュージカルを楽しく思い出していました。

2013年、病気から少しずつ回復して、良い年になりますように。
これからも、どうぞよろしく。
パピナン
2013/01/07 16:37
あけましておめでと〜
今年もよろしくね

エンタメ系で免疫アップね♪
素敵だわ〜
行ける時に楽しまなくちゃね

心も身体もアップアップの1年になりますように
ayaya
2013/01/07 22:33
あけおめ〜
七草粥も終わったのに〜今頃〜
ってブログアップも今頃だもんね(爆)
私も元旦から芝居〜
芝居小僧、やること同じ〜
そそ、6月学会だけど
日本でレミのニューバージョンも
やってるから、やっぱりこの頃
帰っていらっしゃい!
(勝手に決めるなー!)

では、輝かしい2013年を願って!
yannchan
2013/01/07 23:22
こちらも、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

写真1枚1枚がかっこいいなぁ。
年末のお芝居も面白そうですね。

本当にお里帰りされるなら、お会いしたいです。

私も寒くなって、術側よく痛むし、後ろで手を組めなくなってきたので、またやり直し、ほぐしていかなきゃ。
骨密度も測りに行こう。

まだだらけている私。今日から弁当作りもはじまったのでシャキッとしますです、はい。
れんこん
2013/01/08 11:25
>パナピンさん

返信が申し訳ない!!ついつい日々の雑事に流されております。ご訪問、どうもありがとうございます。

本当にもっともっとイギリスの話をしたいのですが・・・つい日常に流されて〜〜〜。イギリスは駐在のお友達でも大好きになるか大っ嫌いになるかのどちらかです。私もイギリスは好きよ〜〜。色んな意味で自分の考えとは違った考えを吸収出来ます。

何か面白い事があったらまた記事にしますね。今年もよろしく御願いいたします。
うめちゅう
2013/01/28 07:13
>ayayaちゃん!

うう、オフ会がうらやますぃ〜。ayayaちゃんのバイタリティーには本当に感心するわ!!ハードスケジュールよねえ!!

でも休む暇無く、春には日本に遊びに行くわよぉ!!絶対に会うからねえ!!!
うめちゅう
2013/01/28 07:18
>yannちゃん!

う〜〜ん、子供の学校があるからやっぱり6月は無理だニャ!学会。。。日本語だからこっちで聞くよりは分かるかなあ(でも学術用語だから難しいかあ。)行くのは春になりそうです。会いに行くぞ〜〜!

今年はもっとお芝居を観たい!!コンサートばっかりじゃなくって!!
うめちゅう
2013/01/28 07:33
>れんこんさん

今年もよろしく御願いいたします!今年は日本に帰れそうです。再建も暫く間を空くと思うので。是非日本に行ったらオフ会しましょうね!

お気持ち分かります。かばってばかりだと動かなくなったりするよね。私も健康な友達に運動とか誘われると躊躇したりします。でも少しづつ、無理しない程度に頑張ろうね!!

春はもうすぐ。お会い出来ますよ!
うめちゅう
2013/01/28 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅ればせながら・・・ うめの乳癌日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる