うめの乳癌日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパ旅行1

<<   作成日時 : 2011/10/26 11:25   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

注:今日は何でもない旅行記です。。。(でもFEC投与直後なんだけど。。。)

(8/23の日記)

さて8/17に私達は旅行に出ました。正直、抗がん剤の次の日と言うのはきついと言えばキツいんだけど、車で寝るだけだしね。

いつも旅行に行く時はツアーには乗りません。気ままにフラッと行くんです。計画は旦那任せ。旦那は出張などで作ったポイントを使って安く泊まれるルートを考える。同系列のホテルに泊まるとかね。しかも旦那は結構語学が強いのでフランス語圏でのドイツ語圏でも日常会話ぐらいはなんとかなるようで、個人旅行でもなんとか行けるんです。出張で運転にも慣れているし。(イギリスは日本と同じ車線ですものね。私は反対車線なんて怖くて運転できません。)

本当は先週の火曜日に抗がん剤が打てれば、月曜には出れたのにな。荷造りにも時間がかかり2日半のロス。ゆっくりブラブラの旅も少し急がなくてはなりません。

本当は友人の息子さんがベルギーに留学しているので、ベルギーにも足を伸ばしたかったのに今回は断念。残念です。

さて、午前中はやっぱり早くは起きれずに、それから荷造り。息子も娘ももう浮かれちゃって荷造りの使い物にならん!それで昼に出発しました。薬局で必要な物を買い、それから環状線に乗って高速に乗りユーロトンネルへ行きました。途中で乗り込むレーンを間違えたけど、誘導してもらい元のレーンに戻れました。

今回、実は始めて車上にルーフボックスをつけたのです。荷物も多いからと旦那がつけて来ました。なので普通通るレーンは高さ制限に引っかかる可能性があったの。実は平気だったんだけどね。

後はゆっくりユーロトンネルの中でサンドイッチなんかを食べて薬をのんだりして。

抗がん剤投与の数日後は薬の時間に追われるのよね。次の日は白血球の為の皮下注射もしなくてはならないし。水分も2L程飲まなきゃ行けないし。。。。疲れが出て自分でもすぐ寝るかな?なんて思ったんだけど今回は全然眠れませんでした。

今回は日程が縮まったので走る走る、、、フランスからベルギー、ベルギーからオランダも通過して(って私は気がつかなかったんだけど)ドイツに入りました。

ベルギーのサービスエリアで随分遅くなっちゃったんだけど、皮下注射なんか打ってね。ドラッグと間違えられないかちょっと不安だったけどまあ別になにも言われずに(って、トイレの中だもんね、わかる訳ないか)すみました。人からみれば『薬中毒患者』の様だよね( ̄□ ̄;)!!

因みにベルギーではトイレにお金を払うのよ~。ユーロにお金を変えていなかったので旦那が居なかったら困っていたわ~。旅行も大変ね。

ついた所はデュッセルドルフです。ホテルに着いたのは9時頃で、それから夕食でした。疲れてすぐ寝れるかなあなんて期待したんだけど、それどころか血管がビンビンいっていて夜中まで寝れず。。。mixiで日記の更新などなど。

7/18の朝は旅行中だって言うのに娘と大げんか。人の言う事を聞かないので本当に腹が立ったわよ。旦那が仲裁に入るけど、怒りは収まらないし。早く移動したい旦那は早く行きたいようです。もう、娘のことちゃんとしかってよ!旦那!!

さて流石に睡眠不足だったので、昼頃に出発して直ぐに車で落ちました。ぐーぐー寝ましたよ(@ ̄ρ ̄@)zzzz

気が付くとケルン大聖堂でした。ここは旦那の仕事の手伝いで来た事があるって書いたけど、15年どころではなく20年前でした。あの頃可愛がって下さった、上司のTさん、今はもう居ないんだな〜、とちょっと感傷的になってしまった。1年ちょっと前に旅立っていかれたの。私達にとっては本当にお世話になった上司でした。

画像


画像


子供達も旦那もそれぞれ好き勝手に探索していました。なんかまとまり無い家族よね〜。

でもこの大聖堂は見応えあります。キャンドルもあちこちにあり(ほら、浅草なんかでも線香を売っていて誰でも買っては置いているでしょう?あんな感じでキャンドルが置いてあります。

でもヨーロッパの人はキチンと宗教を持っている人が多いので観光客の私達が宗派が違うのにキャンドルを灯す資格は無いのでしなかったけどね。)綺麗でした。椅子に座って祈る人もいたりして、義母が京都の神社で年老いたお婆さんと孫が祈っているのを見て「ああ、家の教会でもこう言う姿を見かけるわ。尊いわね。」と言った言葉を思い出しました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


イギリスにも大聖堂もあるし教会もあるけれど、こういう歴史的な場所はそれぞれの顔を持っている様な気がします。息子はイギリスの教会もヨーロッパのもにてるって言うんだけどさ。


さて私の体調はどうかと言うと、流石に体力は無し。老婆の様によぼよぼ歩き、教会内ではあちこちの椅子に座っては体力温存。途中で下痢になりトイレを探すのに家族全員を付き合わせましたf^_^;
だってさ〜、まだユーロに両替してなかったから、トイレにも行けなかったの(ドイツも有料の所が多いです。。観光地だから?)それにドイツ語お手上げ。トイレも探せません!

ところで去年から息子は学校の第二外国語(日本の英語の授業に相当するんだろうね)でドイツ語を始めましたが、全然分からなかったようです。1年間何やっていたんだか(゙ `-´)/

大聖堂の外にはこんなパフォーマーが。。。遠くからこっそり写真を撮ったのに、写真を撮った人はすかさず呼んで「マダム」と言ってお金を入れる所を指差すパフォーマー。大道芸人ですな〜〜。

画像


画像


ケルン大聖堂を後にしてからは、また旦那が頑張って車で走ってくれて、ボーンと言う街に行きました。ベートーヴェンの生家がある街です。

これは生家のお向かいにある建物の壁です。でも、このサインがなければ見つからなかったかも。生家にいたずら書きは出来ないものねΣ(・ω・;|||

画像


そしてこれが生家。縦長です。

画像


画像


画像


ベートヴェンの生家は写真撮影が禁止です。見せられなくて残念です。

ベートーヴェンの家は宮廷楽士の家庭なので、お宝があるある。ベートーヴェンのビオラ。バヨ2挺、ビオラ、チェロ。みんなアマッティというお高いブランドなんですって(←お値段の高さに反応)アマッティーってストラディバリウスみたいなものなんですって。

もうクラクラしながらお宝に感動している私達を尻目に、息子は別の物ばかりみるし。

鉄で出来たカチューシャの様なものがあり、耳の所に穴が空いていました。そこに差し込む様々な大きさのトランペット(いや、どっちかって言うと、チロルのデカイ笛の様な形?って言ったら分かる?)の様な物が沢山ありました。

「お母さん、これ、これ。コレ、グラニー(義母のこと)の補聴器と一緒なんだよ。ベートーヴェンは難聴だったでしょう?あの時代はこう言う物を使っていたんだよ~」

息子よ…アマッティは????こっちの方が高くって珍しくない?

ベートーヴェンの家に来て、音楽的歴史は勉強してくれたんだろうか?なんかきっと彼の頭の中には全然違うものが刻み込まれているのではないだろうか?不安です。



ちなみに、駐車場の中にもベートーベンが!!

画像


そんなこんなして、この日はその後、ヌールンベルグまで走りホテルでゆっくりしました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

はいはい。すっかり闘病記とはかけ離れていますねえ、ゴメンなさいm(_ _ )m

でも、人間って単純なのかも。いつもと同じ様に副作用は来ているって言うのに、楽しいこととか自分の好きな事をしていると元気でいられるのねえ。

この旅行、勿論疲れました。でも(まあ、我が家の旅行はいつもそうなんだけど)午前中はダラダラして午後から観光というパターンが多いので、十分対応できました。疲れるほど観光しても仕方がないので、のんびりとね。

後は車の移動というのは良いのかもしれません。高速のトイレだけ問題なければ(もし下痢とか頻尿ならね)寝たりできるので、楽かもしれないです。旦那に感謝です。今回は私のわがままでウィーンとザルツブルグにいる友人に会いに行きたかったからかなり遠出をしたんです。

でもまさかFECの直後に旅行に出れるとは思わなかったよ、私もさヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
人間、やれば出来る?のかなあ?(←単に都合がイイ私なだけσ(^_^;) )


ブログ村に参加してみました↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベルギー〜ドイツ〜オーストリアへ
随分間が空いてしまいました、ごめんなさい。実はね、旅先だったのでwifiがなかったの。wifiがないと写真のUPが出来ないし、あっても短時間だったので下書きもままならずにこんなに更新が遅れました。 ...続きを見る
うめの乳癌日記
2013/08/30 02:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まってました、ヨーロッパの話!
ドイツ良いですよね〜(フランスよりも)英語が通じる!と去年一緒に行った友人は感激しておりました。
(フランスは移民が多いので)ドイツの治安の良さにも感動しておりました。車で行けちゃうのも、羨ましい〜。旦那さんが、語学に長けているのも素晴らしい〜。ウィークリータキソール中は厳しいが、また治療がひと段落したら行けますね!
ぴこるる
2011/10/26 13:42
テレビで見る景色に車で行けるなんていいなぁ
ぴこるるさんが、仰るように語学に長けてる旦那さまも羨まし〜(*^^*)
しかしFEC直後の旅はすごいわ
とても真似できん(・・;)
ayaya
2011/10/26 19:38
街並みが素敵で何度も見に来ちゃいましたよ〜

ワタスもヨーロッパのお話待ってましたっ☆

行ってみたいなぁ〜。行った事ないんですよぉ
もう見てるだけでうっとりというか見とれました〜
別世界ですね

それにしても、FEC直後の旅って凄いです〜
ワタスもマネは出来ません・・・(・・;)
ガンダチチ
2011/10/27 22:56
>ぴこるるさん
最後にはベルサイユもちょっとだけ出てきます〜!楽しみにしていてね〜!
フランス人は英語嫌いな人が多いって言いますよね〜。でもさ、デパートとかには英語出来なくても日本語が出来る人とかいたよ〜。
ドイツももう少しゆっくりしたかったけど、今回は少しずつ、で行ってきました。でも、あんなに強い薬を打っても、行こうと思えば旅行に行けるんだなって自分でもビックリしましたよ〜。
実は旅行はあんまり行かないうちなのよ〜。何となく忙しくてね。クリスマスは日本のお正月の様に家族が集まる時だから、旅行ではなく家族で集まったりします♪来年は娘の受験の為の準備でどこへも行けそうにないわ〜(T_T)
でも楽しかったよ〜!ホント。ぴこるるさんも、一段落したら旅行を楽しんでね!
うめちゅう
2011/10/28 03:09
>ayayaさん
ヨーロッパは日本に行くよりは簡単に行けます。お金かかるけど(←だから簡単に行けないのよ。)
旦那が語学出来るのは私も羨まし〜。私は語学はよわいから〜〜。
FEC直後でいけるんだな、って自分でもびっくりだよ〜。
でもね、これが飛行機や電車だったら無理だったし、ツアーみたいに決まった時間で動く旅行も無理だったな。
計画無しに、体調に合わせて行動できたから行けたなあって思います。
でも行って良かったよ!治療中でもここまで出来るんだって元気が出てきましたよヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
旅行・・・ayayaさんなら出来ると思うな〜。だってジェットコースターん乗っていたじゃん!そっちの方が大変だと思うよ〜〜(大好きだけど乗れないや〜、今は〜)
うめちゅう
2011/10/28 03:20
>チチちゃん
大丈夫、そのうちヨーロッパにも行けるって!でもさ、日本国内だって素敵な所が沢山あるけど、私は子供たちを連れて行ってあげられないもんな。。
FEC直後。。。でも車の中で寝通しだったけど。。。だから行けたんだと思うんだ〜。人間、楽しいことをしようとしたら何とかなるものよ〜。だって掃除は一向に進まないで,掃除しようとすると具合が悪くなるもん。。。
でも、下痢気味でトイレ探しはしっかりしてました〜〜
f^_^; 
うめちゅう
2011/10/28 03:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヨーロッパ旅行1 うめの乳癌日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる